• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

11月

November


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


お取り越し

お取り越し

真宗大谷派三条別院の報恩講にあわせ、本寺小路には露店が並びます。


しただ郷うきうきフェスタ

しただ郷うきうきフェスタ

しただの秋・冬の魅力を堪能できるイベントが盛りだくさん♪

ホーム > 産業・企業 > 伝統の技 > 三条鍛冶の技 > 三条鍛冶の技 鑿の使い方

三条鍛冶の技 鑿の使い方

最終更新日:2008年9月16日

各部の名称

鑿の見分け方

用途に適したノミを選んでください。

 ◎叩いて使うノミ
 柄を叩いて穴を彫ったり、切ったりするノミで、柄の割れを防ぐ為に桂が付いています。

 ◎押して使うノミ
  突いて削ったりするノミで、桂はありません。

鑿の使い方

 ノミには種類があり、それぞれ用途によって形が違います。ここでは基本となる叩いて使うノミ(追入ノミ・厚ノミ)について説明します。

鑿の手入れ

◎ノミの研ぎ方
 1.砥石の面を平らにして下さい。
 2.切刃の角度は木材の硬さにより調整します。
 3.グラインダーを使用する時は、温度が上がって焼きが戻ることがあるので(ハガネの色が変わる)刃先に充分に水をかけながら、作業して下さい。
 4.グラインダーで研ぐときは切刃がえぐれますので、刃先が薄くなりすぎないように注意して下さい。また、切刃を丸く研ぐと、切れ味が悪くなりますので、なるべく平らに研いで下さい。
 5.裏押しは、微細な仕上げ用砥石を平らにならして、刃先にやや力を入れながら押して下さい。
 6.使用後は、刃が錆びない様に水分を十分ふき取り、錆止め油をつけて、刃先を布やケース等で巻いて、保管して下さい。(ノミ入れ袋なども市販されています。)

◎刃の角度
 加工する木材の硬軟や用途によって多少の違いがありますが、普通の叩いて使うノミの切刃角度は26°〜30°位です。

◎桂下げ
 1.使い込んだノミの桂は、柄を木台の上で転がしながら桂を木槌で叩いてはずす。

 2.桂内軸のまくれを削る。

 3.桂を木槌で叩き込む。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 経済部 商工課 商工係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5609 (直通)
Fax : 0256-33-5732
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。