• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 総務部 > 政策推進課 > 広報広聴係 > 平成28年3月放送分

メッセージ

1 東日本大震災から5年が経過

 5年前の3月11日、僕自身は、今収録しているこの市長室にいました。最初は、自分のめまいかなと思いましたが、
すごく大きな横の揺れがずっと続いて、しばらくしても治まらないので、これは地震だなということに気付きました。
大きな揺れが長く続いたので、遠方でかなり大きな地震があったのではないかと思い、すぐテレビを付けると、その時に
三陸沿岸でも大きな地震が発生したということで、その時から津波は本当に大丈夫なんだろうかと心配していたわけですが、
その後事態がどんどん深刻化していったことを思い起こします。
 その後数日間で、何人かの方々が自主避難されて来たことから、避難所を開設しようと考えていたその日に、県から連絡が
入って、南相馬市から集団避難を予定していて、今日受け入れることは可能かというお話をいただきました。その日ちょうど
避難所を立ち上げる予定だったので、ある一定の規模であれば対応することができますよというお答えをしたときから全てが
始まったなと思っています。その日と翌日に合わせて850人の方が、三条に来られて、その時から今も変わらず避難されて
いる方々が一人残らず全員が一定の生活再建支援の目処が立つまで、応援し続けるということで取り組んできました。
 5年という月日が流れる中で、時間の長さだけでなく、避難されている方々の強靭な意志力を感ぜずにはいられないわけ
ですね。避難されている方々が中心となって結成された「さんじょう∞ふくしま『結(ゆい)』の会」の皆さんから、今年も追悼式典
を行っていただいたわけですけれども、5年というのは一つの節目になりますから、1年目2年目3年目4年目とは何か違う特別な
思いを、当事者でない私たちは感じがちですが、避難されている方からすると、節目の今年に特段3月11日に合わせることもなく、
これまでどおり3月11日の直近の週末でやりたいということで、すでに3月5日に追悼式典が行われたわけです。この収録している
まさにこの瞬間が、3月11日の 午後2時46分をちょっと超えた、3時となっていますが、淡々粛々と事の次第を受け止めていくと
いう被災された方々の、気持ちの強さっていうものに、改めてこの震災の深刻さと、それから立ち直り、立ち向かおうとしている
凄まじい静かなエネルギーというものを感ぜずにはいられないなと思うわけですね。
振り返ってみると、追悼式典で、避難者の代表として追悼の言葉を述べられたのが、今、新潟大学の1年生になった木幡(おはた)さん
でした。彼女は避難されて来たときには中学生でしたので、今この5年という経過の長さを我々は感ぜずにはいられませんでした。
また、先日行われた勇士塾という中学校の生徒会の役員たちにリーダー研修をする会があったんですけれども、その中に福島から
避難されて来ているお子さんが生徒会の副会長になっていました。このことを考えると、子どもたちにしてみると、この5年という時間は
非常に長くて、小学校で避難してきた子が、いつの間にか中学校の副会長になって、中学生として避難してきた子がいつの間にか
新潟の大学の1年生になっている。こうしたことを考えたときに、人間のある意味、その生命力の強さというか、たくましさというか。
他方で、こういうことを避難されている方々御自身が、自ら切り開いているということは、我々自身にもまだまだは最後の最後まで
静かに寄り添う、時の流れの中で支援のあり方が変わって来たと思うんですよね。我々として今何ができるのかっていうことを考えて
いかなければいけないなと思います。

2 避難者の方への今後の支援

 三条に避難された方は、自主避難されている方を含めて、私どもが把握した中では 812人いたんですけれども、
今は125人という状況です。この125人の方々は、震災直後の避難者という位置付けではなく、外形的には、三条市民と
同じように生活しているわけです。
 でも、125人の一人一人の過去を紐解くと 、3月11日に劇的に生活が変わってしまったことは、125人の方々共通の
事実として持ち合わせています。我々はこの5年という歳月の中で、いつまでも避難されている特別な存在として思った
方がいいのか、それとも、三条という土地で新たな生活再建の道を選んだんだという風に思うべきなのか。私の思いとしては、
そのどちらでもなく、普段は、三条で普通の生活を送っている人と見るべきだと思いますが、やはり、それぞれの人生の中に
3.11があったわけです。そこに対して我々はいつも変わらず、困ったときに、悩んだときに、手助けが欲しいときに、「いつでも
寄り添い合って、手を差し伸べる環境にあるんだよ」というメッセージを送り続けることが必要なのかなと思います。ですから、
三条と福島の情報を組み入れた情報誌を週に1回手渡しでお渡しすることを今も変わらず続けています。そして、地元に戻って
自宅の片付けをするときのボランティア支援を継続してやってくことで、我々は、ただ単に市民として外形的に受け入れるわけ
ではなく、避難者として、いつも変わらずその思い続けているという事だけは、知っておいていただきたいと。
 こうしたことをこれから先も変わらず続けて、行く行くは、避難によって三条市との縁が結ばれた方々の最後の一人が、生活
再建の一定の目処がついたと、その方自身が思えるその日まで応援し続けることが、僕らに課せられた役割なのかなと思って
います。

3 病児・病後児保育とは

 この病児・病後児保育は、まさに読んで字の如く、お子さんが病気になられた時には、普通の保育所には行けないわけですよね。
他のお子さんにうつしてはいけないですし。病気は、ピークが過ぎても、もう少し家の中で看病しなければいけないわけです。そもそも
保育所は、共働きの御家庭が、後顧の憂いもなくお父様もお母様も仕事に行くためにあるので、病気のお子さんを家で看病しなければ
いけない、病気のピークは越したけれども、もう少し家で見てあげなければいけない。でも、自分たちには仕事がある。こうした時に、
保育所的な機能として預ける場所が欲しい。これに応える場所が、この病児・病後児保育の施設です。
 三条というまちは、ものづくりのまちに代表されるように、しっかりとした産業がある優れたまちです。他方で、共働きの多いまちですので、
そこでお子さんを産み育てていくということになると、お子さんは病気になりやすいですから、今申し上げたような問題にぶち当たりやすい
わけですよね。
 三条には残念ながら、今まで病児・病後児保育というものがなかったわけですけれども、今回、済生会三条病院の院長先生の方から、
自分たちで病児・病後児保育に取り組みたいという大変ありがたいお話をいただきました。ですから、今日このラジオ番組で私が答えて
いるというのが、そもそもおかしい話であります。我々は、もちろん財政的に御支援はしましたけれども、病児・病後児保育をやって行こうと
いうふうに覚悟を決めていただき、環境を自ら整えていただいたのは、三条市というよりはむしろ済生会さんです。本当に済生会さんに
心から感謝を申し上げたいと思いますし、このラジオの番組を通じて、私どもが、自分たちが病児・病後児保育をやりましたというふうに
伝わってしまうことがるとすれば、本当に申し訳ないことですので、くれぐれも、この病児・病後児保育は三条市がやったのではなくて、
済生会三条病院さんがやられたんだということを、声を大にして申し上げたいと思います。

4 病児・病後児保育ルームなのはな

 この三条市で初めて誕生する病児・病後児保育は、済生会三条病院のかつての「うるおい広場」があったところに建物ができます。
保育士さんだけではなく、看護師さんも常駐をするということですし、その背後には、済生会三条病院さんがありますので、体制として、
お医者さんも整えられている。これは、済生会に関係される方であろうとなかろうと、広く三条市の皆さんのために開放していただいた
施設でもありますので、共働きで、お子さんが熱出してしまった、熱は治まったんだけど、まだちょっとぐずついてるといった時でも、
是非、気軽に、この済生会三条病院さんの付属保育園たんぽぽさんに併設されております病児・病後児保育ルームなのはなに
お問合せをいただければなと思っています。
 済生会さんからは、今回この病児・病後児保育だけではなく、新たに事業所内保育にもチャレンジをしていただきますし、こうした
若年層の世代に対する支援のみならず、訪問看護や在宅医療とか、こうしたところについても非常に熱心に取り組んでいただいて
います。我々の生活、特に健康面の生活ということを考えた時に、積極的に御協力をいただいており、三条市にとっても大切な
パートナーでもありますので、こうした取り組みが、また済生会さんのさらなる活動の一助となれば、我々としてもわずかばかりの
御支援を申し上げた甲斐があったなと思っております。この病児・病後児保育こそは、あまり使われないに越したことがないわけ
ですけれども、そうは言っても、お子さんがそうした状況に陥った時、せっかくある施設でもありますから、気軽にお使いをいただ
ければと思っております。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 総務部 政策推進課 広報広聴係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通)
Fax : 0256-34-7933
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。