• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

12月

December


しただ郷うきうきフェスタ

しただ郷うきうきフェスタ

しただの秋・冬の魅力を堪能できるイベントが盛りだくさん♪


八木ヶ鼻温泉いい湯らてい

八木ヶ鼻温泉いい湯らてい

幻想的なイルミネーションがお出迎え♪


道の駅 庭園の郷 保内

道の駅 庭園の郷 保内

クリスマスに染まる、庭園の郷 保内♪ 楽しいイベントが盛りだくさん!

ホーム > 市政・データ > 市長の部屋 > 記者会見 > 記者会見一覧 > 平成26年1月15日 市長記者会見

発表内容

1 原子力災害に備え、福島県の6市町村と災害時相互応援協定を締結

 原子力災害時の市民の避難先確保を視野に入れ、原子力災害・大規模自然災害発生時における応急対策、復旧対策を円滑に行うことを目的として、同時被災の可能性が低い遠隔地で、かつ柏崎刈羽原子力発電所方面から三条市へ向けて吹く風を避ける方向にある福島県会津若松市、喜多方市、只見町、南会津町、下郷町および檜枝岐村と相互応援協定を締結します。
現在、策定を進めている「三条市地域防災計画(原子力災害対策編)」にも、6市町村を原子力災害発生時の具体的な避難先として計画に定めていきます。

 1 協定に定める相互応援内容
(1)食料、飲料水および生活必需物資ならびにその供給に必要な資機材の提供
(2)被災者の救出、医療、防疫、施設の応急復旧等に必要な資機材および物資の提供
(3)救援および救助活動に必要な車両等の提供
(4)救助および応急復旧に必要な職員の派遣
(5)避難が必要な被災者の受け入れ
(6)市役所または役場の機能確保のために必要な施設・設備の提供
(7)その他特に要請のあった事項
 
2 協定締結日および協定締結場所
  協定締結日  1月30日(木)
  協定締結場所 会津若松市、喜多方市:各市庁舎
         下郷町、只見町、南会津町、檜枝岐村
                  :南会津地方広域行政センター(南会津町)

 *報道資料1

2 加茂市長に「県央医師会応急診療所」構成市町村への参加要請

 平成26年1月15日付で、三条、燕、田上、弥彦の4市町村長の連名で、加茂市長に、「県央医師会応急診療所」に係る構成市町村に参加されることを改めて申し入れるとともに、応分の負担をいただくよう、再度要請いたしました。

 ○県央地域の救命救急医療体制の更なる充実に向け、圏域内の市町村、医師会等がこれまで以上に連携、協力していく必要があります。
県央医師会応急診療所は、毎年1千人を超える加茂市民の利用があり、救急医療をはじめとする市民の健康を担う自治体としての責務を全うするためにも、県央医師会応急診療所に係る構成市町村に参加されることを改めて申し入れるとともに、その建設用地や施設整備費について応分の負担をしていただくよう加茂市長に、再度要請しました。
 
○「県央医師会応急診療所」は、平成26年度から土曜日の午後に診療を拡充することで準備が進められております。
 
【参考】
  県央医師会応急診療所
・実施主体
県央四医師会(三条市医師会・燕市医師会・加茂市医師会・見附市南蒲原郡医師会)
  ・所在地:三条市興野一丁目13番67号
  ・診療科目:内科・小児科・外科・整形外科
  ・診療日:年中無休
  ・受付時間:夜間 午後7時〜10時
        休日 午前9時〜正午  午後1時〜午後4時
        土曜 午後2時〜4時30分(平成26年4月から)

*報道資料2

3 布施谷川・新川排水路及び貝喰川内水氾濫対策検討会の開催

 「布施谷川・新川排水路及び貝喰川内水氾濫対策検討会」で検討結果がまとめられたことから、1月20日(月)に報告会が開催されます。
 
○布施谷川・新川排水路及び貝喰川内水氾濫対策検討会
平成23年7月の新潟・福島豪雨では、信濃川や支川の洪水継続時間が長く、布施谷川・新川排水路流域及び貝喰川流域において甚大な内水被害が発生したことから、平成24年6月から延べ5回にわたり被害の軽減に向けた方策を検討してきました。
 
○報告会
 1 と き 1月20日(月)午後2時
 2 ところ 三条市役所 本庁舎3階 市長室
 3 主 催 布施谷川・新川排水路及び貝喰川内水氾濫対策検討会

*報道資料3

4 平成26年度 「燕三条 工場の祭典」参加工場等募集

 平成25年度に開催した「燕三条工場の祭典」では、燕三条地域の54の工場を開放し、来場者約11,000人の方々に、工場でのものづくりを体感していただきました。
平成26年度も、全国の方々に工場の魅力を届けるべく、開催します。そこで、このたび、参加工場等を募集します。

 【平成26年度「燕三条 工場の祭典」】
1 概 要 「燕三条 工場の祭典」とは、燕三条地域の名だたる工場が、一斉に工場を開放し、訪れた方々に工場でものづくりを体感していただくイベントです。
2と き 10月2日(木)〜5日(日)
        午前9時〜午後4時(ただし、正午〜午後1時は休憩時間)
3ところ 三条市・燕市全域
4主 催 「燕三条 工場の祭典」実行委員会
 
【参加募集内容】
1 募集対象  三条市・燕市内の工場等で見学・体験を実施しようとする法人
及び個人
2 募集数   50〜100事業所
3 申込期限 1月31日(金)まで
4 その他  詳細は、商工課のホームページをご覧ください。  

 申し込み・問い合わせ 商工課商工係 電話:0256−34−5511(内線216)

*報道資料4

5 企画展「八十里越物語展〜未来へ継ぐ共助の道〜」

 越後と会津を結ぶ歴史街道「八十里越」。この峠道にゆかりのある長岡藩家老河井継之助の遺品の展示や両地域の深い絆と交流の歴史をパネルで紹介する企画展「八十里越物語展〜未来へ継ぐ共助の道〜」を開催します。

 1 と き 1月19日(日)〜30日(木)
 
2 ところ 漢学の里 諸橋轍次記念館 多目的ホール
(三条市庭月434‐1)
 
3 内  容
・八十里越にまつわる人物の遺品やゆかりの品(箱枕、火縄銃など)の展示
(県内初公開となる只見町河井継之助記念館所蔵品もあります。)
・越後と会津の深い絆と交流の歴史をパネルで紹介    
   ・八十里越の現状および八十里越の取り組み、活動紹介       など
  
 4 主 催 八十里越物語実行委員会
 
5 問い合わせ チーム八十里越 事務局(八十里越物語実行委員会内) 
長谷川 安生 090-8084-7863 

*報道資料5

6 しただ郷の冬を満喫しよう

 雪国でしか体験できない冬の遊び。今年の冬のしただ郷は雪国の魅力が満載です!

 ●白鳥の餌やり体験
昨年の11月にオープンしました「白鳥の郷公苑」
皆さんのまだまだ知らないさまざまな表情を見せる白鳥
たちに、ぜひ会いに来てください。
また、白鳥の餌やりを一緒にしてみませんか?
▽餌やり時間…午前9時と午後4時
 
●雪の光のイルミネーション
 八木ヶ鼻温泉いい湯らてい庭園内にあるモミの木をイルミネーションで飾り付けます。
雪原に広がる幻想的な世界をご堪能ください。
▽期間…2月上旬〜3月下旬
 
雪だるま作りとかまくら体験
 いい湯らてい庭園内と八木ヶ鼻オートキャンプ場の
キャンプサイトで自由に雪遊びし、雪だるまなどを作って、
かまくらの中で情緒あるひとときを過ごしてみませんか。
▽期間…2月上旬〜3月下旬
 
親子でソリ&ミニスキー
 八木ヶ鼻オートキャンプ場の駐車場にミニスキー場を作ります。子どもと一緒にソリやミニスキーを履いてお楽しみください。
ソリやミニスキーは「いい湯らてい」で貸し出しを行います。(有料)
▽期間…2月上旬〜3月下旬
 
*天候や積雪の状況で一部内容・時間等が変更になる場合があります。
 
*報道資料6

7 スマートウエルネス三条 「歩きたくなる道を考える市民会議」最終回を開催

  明るく、楽しく、元気よく、歩いて暮らせるまちづくりを目指している「スマートウエルネス三条」の取り組みの一環として、三条小学校区を中心に、「歩きたくなる道」、「歩きやすいまち」とは、どんな道、どんなまちなのかを市民の皆さんと共に考えてきた市民会議。最終回では、これまでの議論の取りまとめを行います。
 
 【第4回 歩きたくなる道を考える市民会議】
  11月23日、12月7日、12月21日とこれまで3回にわたって、これからの長寿化社会を見据え、健やかで幸せなまちをつくっていくことを課題として共有し、人のつながりや健康を保つ上で、歩くことの重要性を考えました。しかし、歩くためには、道の変化だけでなく、道を歩いて、行った先で何ができるか、どんな人と出会えるかが重要という議論がありました。
  さらに、現在でも生活空間の延長線上にある小路と、自動車や商店が多い大通りでは、歩くために必要な環境や取り組みも違うのでは、といった意見も出た中で、具体的な取り組みの可能性を探ってきました。
 最終回となる第4回では、これまでの議論の取りまとめを行います。
 
1 と き  1月18日(土)午前9時〜正午
 2 ところ  中央公民館 1階 大集会室
 
*報道資料7

8 おにぎり隊派遣事業 〜三条の美味しいお米を届けに荒川区へ〜

 荒川区第二峡田小学校は、学校給食米として三条産米を採用していただいているほか、下田地域で稲刈り体験を行ったり、授業で三条市の調べ学習を行ったりと三条市と交流がある小学校です。
 昨年からは、三条産米のおいしさをより実感していただくとともに、さらに三条市に親しんでいただこうと、市内の方々と「おにぎり隊」を結成して小学校を訪問し、新米で作ったおにぎりを児童・保護者に味わってもらう試みが大変ご好評をいただきました。
 今年度も継続して実施し、おにぎり隊を通じてさらに首都圏における三条産米及び三条市の知名度向上を図り、学校給食米としての販路開拓、および首都圏で三条産米を購入できる仕組みづくりを行います。

 1 と き   1月18日(土)  午前10時30分〜午後1時
2 ところ   荒川区第二峡田小学校
3 内 容   第二峡田小学校において、PTA・児童と協力しながらおにぎりを握り、ともに味わう。あわせて、販路開拓に繋がるよう三条産米を注文できるチラシを配布する。
*報道資料8

9 食と農で元気アップ講座 サバイバル登山から見える“食”

  1年の約150日を山で過ごし、食料は極力自分で調達するという、サバイバル登山で注目される服部文祥氏。テレビなど、多くの報道にも登場しています。
 獲物を捕らえたときの喜びと怖さ、いのちとの直面、自分が生きるという意味、日常では忘れられがちな真実に触れることができます。
 第二部のバイキングは、昨年に引き続き、地産地消推進店5店が地場食材をふんだんに使った、自慢の料理を提供します。米作りで活躍してくれた合鴨の燻製など、他ではなかなか食べられない料理も並びます。

  
1 と き  2月2日(日)
       午前10時〜午後1時
(受け付け 午前9時30分〜)
 
2 ところ  総合福祉センター 多目的ホール
 
3 内 容  
【第一部】 講演「サバイバル登山から見える食」
         講師 登山家 服部文祥
         定員200人 参加費無料
【第二部】 地産地消バイキング
         地産地消推進店5店の自慢の料理が並びます。
         定員100人 参加費1,000円
※第二部のみの参加はできません。
 
4 主 催  三条まんま塾
5 申込方法 電話でお申し込みください。※定員になり次第締切
             
  <服部文祥プロフィール>
登山家、作家。1969年横浜生まれ。大学時代からオールラウンドに登山をはじめ、99年からサバイバル登山を開始。そのスタイルで日本のおもな山域を踏破。現在、狩猟技術を使った冬期のサバイバル登山を試行中。著書に『サバイバル登山家』(2006年、みすず書房)などがある。
 
申し込み・問い合わせ 健康づくり課 食育推進室 電話: 0256−34−5511(内線242)
こちらからもご覧になれます。

*報道資料9

10 がん対策推進事業「がんを知るセミナーいのちを守るために」講演会開催

 三条市の死亡原因の第1位は、全国と同様に“がん”であり、3人に1人が“がん”で亡くなっていることから、今年度「がん対策推進事業」として、さまざまな事業を実施しています。その一つとして、「がんを知るセミナー いのちを守るために」講演会を開催します。
知ることで守る…知っているようで知らないがんの本当のことを知る講演会となっています。
 
  
1 と き  1月18日(土)午後2時
 
2 ところ  中央公民館 大ホール
 
3 講 演  「がんを知るセミナー いのちを守るために」
        講師 東京大学医学部付属病院放射線科准教授
           緩和ケア診療部長  中川 恵一
 
4 入 場  無料(事前申込は不要です。)
 
5 その他  ・毎日新聞コラム「がんの時代を暮らす」、週刊新潮「がんの練習帳」を連載中。
        ・H22三条信用金庫(※)主催の「がんを知るセミナー」において講演。好評による再講演です。
 
※「三条市民を『がん』から守るプロジェクト」協定締結(H22)

*報道資料10

11 第9回ひとひとフォーラム「防災と男女共同参画」

 「女(ひと)」と「男(ひと)」にかかわるさまざまな課題について、広く市民が気づき、考えるきっかけとなる機会を提供し、男女共同参画社会づくりをめざすため、「ひとひとフォーラム」を開催します。
今年度は、2部構成で「防災と男女共同参画」をテーマに講演会を開催します。日ごろから地域の皆さんで災害に備えておくべきことについて、そして、なぜ防災分野で男女共同参画の視点が必要なのか、一緒に考えることができる講演会となっています。
なお、講演と併せ、地域の方から防災活動の取り組みや水害時の体験談などを紹介していただきます。

 ■第1部 今、求められる自主防災活動〜男女で築く緊急避難体制〜
○と き  1月26日(日)午後1時30分〜3時45分 (開場 午後0時30分)
○講 師  金井昌信(群馬大学 理工学研究院 准教授)
○地域の方のお話  西四日町自主防災会 会長 堀 善一
■第2部 なぜ防災・減災・復興に女性の視点が必要か
○と き  2月15日(土)午後1時30分〜3時45分 (開場 午後0時30分)
○講 師  田端八重子(もりおか女性センター センター長)
○地域の方のお話  元民生委員 堂坂 幸子
■共通事項
○ところ  三条東公民館(三条市興野一丁目13-70)
○定 員  各回100人 
※電話またはファクス(0256−31−1105)、メール(simin@city.sanjo.niigata.jp)で事前
申込が必要
○入場料  無料 
○その他  保育ルーム、手話通訳を希望により用意します。それぞれ10日前までに事前に申し込みください。
【保育ルーム ・対象:生後6カ月〜小学校2年生 ・利用料:1人 200円】
当日は、要約筆記があります。また、会場内に防災用品を展示します。
各回とも先着60人に、サンプル用非常食等を当日プレゼント!

お申込み・問い合わせ 市民窓口課 市民係  電話:0256−34−5511(内線476)

*報道資料11

12 まちをつくる、支える、まちづくりの団体が1年の活動成果を発表

 「まちづくりサポート交付金」「地域の絆交付金」を活用してまちづくり活動をしている市民の団体が、日々の取り組みの成果を発表するまちづくり団体活動成果発表会を開催します。

 1 と き   2月9日(日) 午後1時30分〜4時30分(開場 午後1時)
 
2 ところ   総合福祉センター 
 
3 内 容   ・まちづくり団体による活動成果発表
          [該当団体]
         まちづくりサポート交付金交付団体35団体
          総合型地域コミュニティ団体 8団体
          ステップアップ団体    23団体
          はじめの一歩団体      4団体
         地域の絆交付金交付団体      4団体
        ・団体PRパネル
        ・成果品の展示 など
  
4 そ の 他   一般の方の参加申込は不要です。直接会場にお越しください。

*報道資料12

13 国際交流イベント 世界の仲間とつながろう

市内の小中高生を対象に、外国人と気軽に触れ合い、楽しみながら世界各国の文化を知ることができる国際交流イベント「世界の仲間とつながろう!」を開催します。

 1 と き 1月26日(日)午後1時〜4時
2  ところ 一ノ木戸小学校地域交流施設 多目的スペース
3  内 容 午後1時〜 開会、外国人(※)による各国紹介
      午後2時〜 小学生、中高校生に分かれて異文化体験
            (調理、クラフト、青少年海外派遣生のお話)
      午後3時10分〜 フリートーク、ゲーム
      午後4時     閉会
4 定  員 小学生10人、中高生20人
5 参加費 400円
6 持ち物 エプロン、三角巾
7 申込方法 電話またはファクスにて、名前、学年、連絡先をお伝えください。
8 申込先  三条市地域経営課 電話0256−34-5511(内線403)FAX0256−36-5111
9 申込期限 1月22日(水)
 
※韓国、中国、ロシア出身の新潟県国際交流員とカナダ出身の三条市国際交流員の計4名

*報道資料13

14 「縄文」を「楽」しく学ぼう!縄文楽検定を開催

 三条市が加盟する信濃川火焔街道連携協議会主催の『縄文楽検定』が開催され、三条市内の会場でも受験することができます。この検定は「縄文」を「楽」しく学ぼうをテーマに、どなたでも無料で受験できます。また、事前講習会を開催します。

 1 と  き   3月2日(日) 受け付け 午後0時30分
(初級)午後1時30分〜2時30分
        (中級)午後2時50分〜4時
2 ところ  三条市立図書館本館
3 定  員  初級・中級ともに50名(申込順)
4 内  容  世界に誇る火焔型土器や雪国新潟の縄文文化を中心に出題
        ※「信濃川火焔街道連携協議会」HPにテキストがあります。
5 合格基準  初級…4択式で50問、中級…4択・記述を含む50問で、いずれも35問以上正解で合格
6 申込期限  2月14日(金) 
7 申込方法  往復はがきで、往信には希望する検定級、住所、氏名、電話番号を、返信には送付先の住所、氏名を明記してください。返信が受験票となるので、1人1枚で申し込みください。
8 申込先  〒955‐0166 三条市上大浦670
三条市生涯学習課 埋蔵文化財調査室 宛
9 受験料  無料
10 合格特典  合格認定証と関係博物館の共通無料入館券(初級:1回のみ有効、中級:1年間有効)が贈呈されます。
11 注意点  初級と中級の併願をすることができます。また、検定の結果は概ね2週間後に受験者に連絡します。

申し込み・問い合わせ 生涯学習課 文化財係 電話: 0256−46−5205(埋蔵文化財調査室)

*報道資料14

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。