• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 市政・データ > 市長の部屋 > 記者会見 > 記者会見一覧 > 平成24年7月10日 市長記者会見

発表内容

1 ガンバレGO徳!! オリンピック男子サッカー日本代表 三条市出身 酒井高徳(さかい ごうとく)選手応援プロジェクト

パブリックビューイング
 対スペイン代表戦(日本時間7月26日(木)午後10時45分キックオフ)
1 日時 7月26日(木)午後10時〜
2 会場 総合福祉センター
3 その他
  ・駐車場に限りがあります。乗り合わせてお越しください。
   なお、深夜の行事ですので、気を付けてお越しください。
  ・詳細は決まり次第お知らせします。
応援プロジェクト参加企業等の募集
 応援プロジェクトに協力いただける企業等を募集しています。
 協力いただける企業等はその取組を三条市のHP等で紹介します。
  (例)パブリックビューイングでの飲み物提供、応援ツアーの実施、
     店舗内での応援掲示、飲食店での応援メニュー提供など
 
二・七の市×三条マルシェのコラボで「ガンバレGO徳!!応援セール」
1 日時 7月22日(日)午前6時30分〜正午
2 会場 三条中央市場(三条鍛冶道場前)
3 内容 
  ・「ガンバレGO徳!!応援セール」の表示のある協賛店舗での割引セール
  ・応援メッセージを書こう
  ・三条マルシェでの壮行会の様子展示 など
 
応援プロジェクト参加問い合わせ
 健康づくり課 スポーツ振興室 34−5511 内線268
 

2 中華人民共和国政府からの記念品贈呈式と流觴曲水宴開催

諸橋轍次記念館の庭園に、中華人民共和国駐新潟総領事館から寄贈いただいた中国風流觴曲水座石の据え付けが終わり、さらに、中国風東屋が完成する運びとなりました。
この善意に感謝し贈呈式を執り行うとともに、寄贈品のお披露目に当たり、本格的な流觴曲水宴を開催します。
記念品贈呈式
1 日時 7月27日(金)午前10時
2 会場  諸橋轍次記念館
3  贈呈品 中国風流觴曲水座石、中国風東屋
4 流觴曲水宴(りゅうしょうきょくすいえん)
   贈呈式閉式後に行います。
   中国衣装をまとったメインゲストと二胡の音楽の調べの中で参加者42人による正式な形で行います。

流觴曲水宴・・・昔、中国で陰暦3月3日に行われた宴。折れ曲がった水の流れに杯を流し、その杯が自分の前に来るまでに詩を作り、杯の酒を飲む遊び。紹興石で作られた42の座石を並べるのが正式
 
報道資料2

3 7月13日に献花台を設置し黙とうを行います

平成16年に発生した7.13水害の甚大な被害を風化させず、また、亡くなられた9人の方々のご冥福をお祈りするため、献花台を設置するとともに黙とうを行います。
献花台の設置
1 設置期間  7月13日(金)午前9時〜午後6時
2 設置場所  五十嵐川水害復興記念公園(諏訪1丁目地内)
黙とう
1 日時   7月13日(金)午後1時15分(堤防決壊時刻)から1分間
2 実施場所 五十嵐川水害復興記念公園(諏訪1丁目地内)
 
報道資料3

4 「地域の絆・結プロジェクト」初回は吉野屋石動神社花灯籠押し

地域に密着した歴史あるお祭りなどを復活・拡大する活動を通して、地域の絆を深めることを目的に、今年度新たに地域の絆・結プロジェクトを実施しています。この度、当プロジェクトの交付金事業の初回行事となる吉野屋石動神社花燈籠押しが開催されます。
 
吉野屋石動神社花燈籠押し
1 日時 7月14日(土)午後6時30分〜午後11時頃
2 会場 栄地区吉野屋地内・石動神社
3 主催団体 吉野屋花燈籠講
4 概要 
  吉野屋集落に70年以上に渡る五穀豊穣を祈願するお祭りです。中学生以上の地域の若者が大きな花燈籠を持って吉野屋地内を練り歩き、石動神社に奉納します。大きな掛け声とともに花燈籠を回しながら押し合う姿は勇壮です。石川雲蝶の彫刻で有名な社殿も参拝できます。
5 当プロジェクトとの関連
 この行事は、地域に密着した長い歴史があり、地域の若者60人以上が集結して主体的に実施しています。しかし、地域の少子化に伴い参加者も減り、過去7基あった花燈籠は現在では2基のみとなり、将来、継続的な実施も危ぶまれています。市と連携して文化財巡りツアーを実施するなど、地域外からの見学者の誘致を積極的に行っていることから、当プロジェクトにより広報支援、経済支援等を行っています。
6 その他プロジェクト該当イベント
 ・下田ふるさと祭り(8月25日)
 ・南四日町1.2丁目祭り(8月26日)
 ・駒込石動神社祭礼(9月12日)
 
報道資料4

5 まちづくりサポート交付金交付団体が決定しました

まちづくりサポート交付金
総合型地域コミュニティ事業(8件:8,263,000円)
  概ね小学校区を活動の拠点として、地域を取り巻く課題に対して総合的に取り組んでいる団体が行う事業。交付率3分の4、上限120万円
ステップアップ事業(24件:4,309,000円)
  市民が主体となって運営する団体で、継続的にまちづくり活動を行っている団体。交付率2分の1、上限30万円
はじめの一歩事業(7件:604,000円)
  市民が主体となって運営する団体で、これから活動を始めようとする団体。交付率3分の4、上限10万円

 
報道資料5

6 新まちなか応援マネージャーデビュー!

新たに就任した まちなか応援マネージャー
  石本 史子(いしもと ふみこ) さん
まちなか応援マネージャーについて
1 目的
商店街にコンシェルジュ(案内人、企画者)として「まちなか応援マネージャー」を配置し、地域住民、旅行者などが来街したくなる中心市街地エリア(「まんなか」)づくりを、地元商店街と連携して行い、まんなかの活性化を図り、商業の振興に寄与するとともにまんなかのにぎわい再生を図る。
2 活動場所  三条市内全域
3 主な取り組み
  ・まちづくりの拠点となる施設整備、運営に係る業務
  ・中心市街地エリアの情報収集とミニコミ紙の発行
・中心市街地活性化事業の企画、立案
・中心市街地エリアに関する問い合わせ対応
・その他中心市街地活性化に資する業務
4 連絡先
  まんなか編集部(まちなか応援マネージャー)
  TEL:0256−33−2065
  一ノ木戸商店街事務局(ハーメルンの館内)
 
報道資料6

7 三条の夏を彩る各地区の夏まつり

祝・栄スマートインターチェンジ開通 栄ふるさと夏まつり
1 日時 7月28日(土)
  雨天中止、ただし花火大会は翌日に順延
2 会場 三条市役所栄庁舎 駐車場ほか
 
〜輝く三条(まち) 切り拓く技と強い絆〜 「第8回三条夏まつり」

1 日時 8月3日(金)〜5日(日)
  一部雨天中止、花火大会は6日(7日)に順延期日
2 会場 市街地本町通り(市民民謡踊り流し等)・各商店街ほか
     六ノ町河川緑地(大花火大会)
 
報道資料7

8 作り手と使い手がつながる越後三条鍛冶まつりの出店者募集

優れた商品はもちろん、作り手や卸商社との対面での情報交換を求めて、毎年、市外・県外からも多くのユーザーが集まる「越後三条鍛冶まつり」。
伝統の鍛冶製品をはじめ、手道具、生活雑貨など、各社自慢の逸品をPRできます。
 
1 日時 9月23日(日) 午前9時〜午後4時
2 会場    三条鍛冶道場及び周辺特設会場内
3 出店対象  三条市内事業所及び市内経済産業団体加盟事業所
   鍛冶製品、手道具、工具、工芸品、生活雑貨等の展示・販売
   手道具・工具をつくる実演・ワークショップ
   手道具・工具を使うクラフト等の実演・ワークショップ
   その他、自社のPRにつながる製品の販売、サービスの提供
  *出店業種に対する制限はありません
4 小間形態
   1小間 間口2,700mm×奥行3,600mm(1.5間×2間)
   長テーブル2台(幅1,800mm×奥行450mm)、パイプイス2脚、ビニルクロス、社名板、また必要により電源
5 募集小間数 60小間程度
6 小間料   1小間3,000円 *実演・体験での出店の場合、ご相談ください
7 申込締切  7月31日(火)
8 申込先   越後三条鍛冶まつり実行委員会事務局 三条市経済部商工課
       電話 34-5511 FAX 33-5732 Mail shoko@city.sanjo.niigata.jp
 
報道資料8

9 若手鍛冶職人グループによるたたら製鉄再現プロジェクトが始動

日本古来の製鉄法である「たたら製鉄」を再現し、鍛冶仕事に欠かせない高品質の「鉄」と「鋼」を製造する、市内若手鍛冶職人を中心としたプロジェクトが始動します。
事業の背景
 世界最高の品質と言われる日本の伝統的な鍛冶製品には、「たたら製鉄」による高純度の鉄、鋼が不可欠と言われています。
 一方、三条市内でも、大林遺跡をはじめ、地元の砂鉄を用いた製鉄の痕跡が確認されています。
事業の目的
 自ら製造した「玉鋼(たまはがね)」と呼ばれる高純度の材料を加工することで、伝統的な鍛冶技術についての理解を更に深めることに加え、
 市内の子どもたちを対象として、砂鉄採取から、たたら製鉄、鍛冶製品づくりまで、一貫した作業の体験を通じて、三条の伝統を体感していただき、次代への継承を目指します。
事業主体  チーム玉鋼
     *市内鍛冶・刃物関連事業所に所属する若手12人のグループ
事業計画 
 平成24年度
  キックオフ/市内産出の砂鉄採取方法検討
   日時 7月18日(水) 午後7時
   会場 三条鍛冶道場 研修室
  9月中旬      たたら製鉄の操業 / ミニたたら製鉄の実験
  10月以降      玉鋼を用いた伊勢神宮奉納野鉄金物類の再現品製造
 平成25年度  子供向けミニたたら製鉄の技術確立 / たたら製鉄の技術向上
 平成26年度  公募によるミニたたら製鉄の実施

報道資料9

10 JTB「地恵のたび」で燕三条の産業観光が商品化!!

JTB西日本からものづくりの土地として「燕三条」にスポットを当てた、団体・グループ旅行向けのツアー商品「地恵のたび 燕三条」が7月10日から販売開始されます。
JTB「地恵のたび」
1 主催者 JTB西日本国内商品事業部
2 協力団体 三条市 燕市 (財)燕三条地場産業振興センター
3 内容
   ものづくりのコーディネータの案内で、「燕市産業資料館」にて金属加工業の歴史の案内に始まり、「三条鍛冶道場」での製造体験や地域産業を支える匠の技など、個性的な企業を訪ね燕三条のものづくりの底力を体感して頂ける内容です。
4 地恵のたびURL 
http://www.jtb.co.jp/group-w/chiiki/chienotabi.asp
 
報道資料10

11 子育て応援 給食試食会

1 日時7月23日(月) 正午〜午後1時
2 会場 三条市農村環境改善センター
3 参加費 給食試食代 300円
4 対象 子育て中の保護者
5 定員 40人(受付中)
6 献立 いりこ菜めし、鶏肉のごまだれかけ、じゃがチーズ、海の幸スープ、ミディトマト、牛乳
 
報道資料11

12 第3回 世界のキッチンの参加者募集〜インド料理「バターチキンとマンゴーラッシー」が自宅で簡単に作れます〜

1 日時 7月29日(日)午前10時〜午後1時
2 会場 ソレイユ三条
3 内容 世界のキッチン
      インドについて(食文化などの紹介)
   インド料理バターチキンとマンゴーラッシーを調理
4 講師 三条市国際交流員 ピーター・カーター
5 定員 24人(先着順)
6 申込期限 7月27日(金)
7 申し込み 三条市地域経営課 0256−34−5511(内403)
 
報道資料12

13 今年度から新たに実施!! ジェネリック医薬品に切り替えた場合、薬代がどれくらい安くなるかをお知らせします

送付対象者
 国民健康保険に加入されている方で、次のすべてに該当する方
 ・12歳以上の方
 ・一カ月の薬の投与期間が14日以上の方
 ・ジェネリック医薬品に切り替えた場合、自己負担額の差額が100円以上の方
送付時期
 7月・・・4月に処方された薬を対象に実施
 2月・・・11月に処方された薬を対象に実施
ジェネリック医薬品への切り替えについて
 病気や治療の状況により、ジェネリック医薬品に切り替えられない場合もあります。
 主治医や薬剤師への相談が必要です。
 
報道資料13

14 政策自慢合戦in十日町に参加します

三条市、十日町市、見附市のそれぞれが誇りに思っている自慢の政策を発表し合い、互いに刺激し合うことを目的に、「政策自慢合戦in十日町」に参加します。
 
1 日時 7月30日(月) 午後2時〜午後4時10分
2 会場 (財)クロステン・十日町地域地場産業振興センター
       十日町市宇都宮71−26 TEL025-757-2323
3 各市の発表内容
 三条市
  ・三条マルシェのその後の展開 〜空き店舗対策〜
  ・農業の振興と食育の推進 〜Bon Appetit SANJO(三条を召し上がれ)〜
 十日町市
  ・産官学連携推進事業
  ・ワールドカップキャンプ地の利活用
 見附市
  ・健康の駅
  ・防災対策 〜田んぼダム〜
 
報道資料14

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 総務部 政策推進課 広報広聴係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通)
Fax : 0256-34-7933
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。