• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

12月

December


しただ郷うきうきフェスタ

しただ郷うきうきフェスタ

しただの秋・冬の魅力を堪能できるイベントが盛りだくさん♪


八木ヶ鼻温泉いい湯らてい

八木ヶ鼻温泉いい湯らてい

幻想的なイルミネーションがお出迎え♪


道の駅 庭園の郷 保内

道の駅 庭園の郷 保内

クリスマスに染まる、庭園の郷 保内♪ 楽しいイベントが盛りだくさん!

ホーム > 市政・データ > 市長の部屋 > 記者会見 > 記者会見一覧 > 平成22年11月9日 定例記者会見

報道資料

 デザインは「市の花ヒメサユリ」県内初のオリジナルナンバープレート
 
 原付等のナンバープレートを三条市オリジナルのデザインにするため、デザイン募集を行い、選考の結果、デザインが決定しました。
 
1 ナンバープレートデザイン 別紙のとおり
2 デザイン募集の状況
 (1) 応 募 者  76名
 (2) 応募作品数 104点
3 デザイン選考会の結果等
 (1) 選 考 日 平成22年10月7日(木)
 (2) 選考結果 ・最優秀賞 大阪市 塩アエイイチ 様
        ・優秀賞  広島市 田中昭彦 様
              三条市 佐藤政信 様
 (3) 選 考 会  委 員 長 松丸 武 (長岡造形大学名誉教授)
         副委員長 長谷川 晴生(三条デザイン研究会監事)
         委  員 宮原 洋一 (三条観光協会副会長)
         委  員 高橋 道雄 (下田郷観光協会副会長)
 
報道資料1 PDF(463KB)
 

 若い力でさらにパワーアップ 〜三条マルシェ〜
 
 三条市のまちなか活性化を目的として取り組んでいる三条マルシェを、9月に引き続き11月も開催いたします。今回は、市内2高校の参加を加えた26店の出店、そして、市内商店街では「100円商店街」が同日開催されます。
 
内容
1 日 時  平成22年11月13日(土) 午前9時30分〜午後2時00分
2 会 場  本寺小路(三条市本町1丁目、2丁目地内)
        ※中央市場及び越後三条鍛冶道場の駐車場を開放します。
3 出店内容(26店舗)
  ・三条商業高校「いかぱん屋」による販売
  ・新潟県央工業高校による「ネームプレート」の製造・販売
  ・市内の農家で育った野菜や果物を使ったスイーツフェア
  ・市内商店などによる温かい食べ物、素敵な小物類などの販売
  ・健康づくり課の「“健幸”いちばん屋」(万歩計無料貸出や乳がん自己検診体験)
 など
4 「100円商店街」のスタンプラリーとの連携
 三条マルシェ当日には、市内商店街で「100円商店街」が開催されます。
 さらに、「スマイル本町」において、100円商店街実施店の商品券などが当たるスタンプラリー式の抽選会が実施されます

 マルシェ会場・総合案内所にもスタンプ押印場所を設けておりますので、実施店での買い物とあわせてお立ち寄りください。
 
報道資料2 PDF(127KB)
 

 三条市成長産業分野進出支援事業に3事業を採択
 
 より多様で、しなやかな産業構造への市内経済の転換を図るため、成長性の高い産業分野への進出を狙う企業を支援する、三条市成長産業分野進出支援事業の採択案件を決定いたしました。
 
内 容
1 事業の趣旨
 国・県が進める産業振興施策の方針を精査しながら、当市に集積する中小企業が、より成長性の高い産業分野へ進出すること
を促していくことを通じて、市内経済が、社会環境の変化に充分、対応できる、しなやかで腰の強い産業構造へと転換していく
ことを期すもの。
2 補助金額
 研究開発費等、補助対象経費の5分の4以内で1,500 万円を上限
 (採択案件については、最大3年間の継続支援を予定)
3 採択案件
 ・ナシモト工業株式会社
  「新機構精密ハンドツール製品と基盤技術の開発」
 ・板垣金属株式会社
  「レーザー技術を利用した高開口率微細孔加工方法の開発」
 ・株式会社マルト長谷川工作所
  「6軸研削加工機を応用した金属加工技術の開発」
 
報道資料3 PDF(128KB)
 

 第3回ものづくりのまちシンポジウム 〜ものづくりからブランディングへの脱却〜
 
 11月26日(金)に平成22年度第3回ものづくりのまちシンポジウムを開催します。
 本シンポジウムは、魅力ある道具をつくり続ける事業者にとって、消費者のライフスタイルの変化や流通・小売業界の構造転換の中で、つくり手や産地が製品の持つ魅力を再認識し、消費者へ的確に伝えていくために必要なことを考えていただくため開催するものです。
 今回は、7月26日の第1回「ものづくり企業のデザインによるブランディング」、9月25日の第2回「ものづくり産地のブランディング」に続く、第3 回目の開催。
 
日 時  11月26日(金) 午後2時〜4時40分
会 場  (財)燕三条地場産業振興センター(三条市須頃1−17)
       別館リサーチコア7F マルチメディアホール
定 員  150名(参加費無料)
内 容 1 基調講演(60分) 午後2時〜3時
      テーマ「中川政七商店に学ぶ中小企業のブランディング戦略」
      講師:株式会社中川政七商店 代表取締役社長 中川 淳 氏
    2 パネルディスカッション(90分) 午後3時10分〜4時40分
      テーマ「ものづくりからブランディングへの脱却」
      パネリスト:株式会社中川政七商店 代表取締役社長 中川 淳 氏
            越後三条鍛冶まつり実行委員会     相田 聡 氏((株)相田合同工場社長)
      コーディネーター:株式会社エイトブランディングデザイン 代表 西澤明洋 氏
【講師プロフィール】
■株式会社中川政七商店 代表取締役社長 中川 淳 氏
 奈良晒を取り扱う麻問屋の13代社長、「遊中川」の直営店出店を加速させ、現在有名百貨店を中心に23店
舗を展開、2003年に新ブランド「粋更kisara」を自ら立ち上げ、2006年には表参道ヒルズにフラッグシップ
ショップを開店。2008年にはロングセラー商品「花ふきん」がグッドデザイン賞金賞を受賞。また「日本の
伝統工芸を元気にする!」をビジョンに業界特化型のコンサルティングを開始し業界の注目を集める。
 
報道資料4 PDF(121KB)

 
 今年も大阪箕面で三条製品の魅力を発信
 
 「三条PR 事業実行委員会」では、三条市の情報発信事業の一環として、大阪府箕面市の「第35回箕面市農業祭」に出店し、三条産品の魅力を発信いたします。
 昨年度の初出店の際には、三条産品の品質の高さと目新しさで、鍛冶キャラバにもブーステントにも来客が途切れないほど、箕面市の方に大変喜んでいただきました。今回は、昨年に続き2回目の参加となります。
 
1 出店趣旨
 今まで三条市の情報発信の機会が比較的乏しかった関西地域におけるPRを目的に、大阪のベッドタウンであり、三条市と交流のある箕面市の農業祭に継続的に出店することで、市内産品の販路開拓と交流人口の増加を図ります。
2 会  期  平成22年11月27日(土)
         午前9時〜午後3時
3 会  場  箕面市芦原公園・メイプルホール
4 出店内容 (1)三条産農具(鍬、果樹鋏、園芸鋏、等)の展示即売
         (2)鍛冶キャラバンによる三条市産刃物等の展示・即売
 
報道資料5 PDF(171KB)
 

 生活・就労や労働問題に関する相談会を開催
 
 厳しい雇用情勢・経済状況の中、求職中の方々の生活の安定と再就職の促進、今抱えている労働問題や労使関係の問題の解決を図るため移動相談を実施します。
 
【内容】
1 開催の目的
 生活、就労、そして労働問題や労使関係でお悩みの方を対象とし、求職者の方々の生活の安定と再就職促進及び労働問題等解
決を図るため、移動相談を開催します。
2 開催日時・会場
  12月1日(水)午前10時〜午後4時(受付時間 午前10時〜午後3時30分)
  市役所第二庁舎 1階 101会議室
   ※事前予約は不要です。受付時間内にお越しください。
3 相談内容
  ・求職者の方々の住宅確保、生計維持、就職に向けた能力開発に関する相談
  ・退職・解雇、賃金、労働時間・休日・休暇等に関する相談
    ※相談は無料で、秘密は固く守られます。
4 問い合わせ
  ・生活・就労に関する相談 県求職者総合支援センター 025−234−3451
  ・労働問題に関する相談  県長岡労働相談所 0258−37−6110
 
報道資料6 PDF(126KB)
 

 仕事と生活の調和を図る職場づくりを目指す企業のためのセミナーを開催
 
 三条市では、(財)21世紀職業財団新潟事務所と燕市と共催で、労働者が仕事と家庭を両立できる職場環境づくりを推進するためのワーク・ライフ・バランスセミナーを開催します。
 
【内容】
1 開催の目的
 労働者が仕事と家庭を両立できる職場環境づくりを推進するため、「仕事と生活の調和を図る職場づくり」に関するセミナー
を開催し、ワーク・ライフ・バランスの実現を支援します。
2 開催日時・会場
  11月11日(木)午後1時30分〜午後4時
  (財)燕三条地場産業振興センター本館(メッセピア)3階 中会議室
3 プログラム
 ・講 演:新潟労働局雇用均等室「仕事と生活の調和を図る職場づくり」
 ・事例発表:昭栄印刷(株)「我が社の両立支援の取り組みについて」
 ・助成金説明会:両立支援レベルアップ助成金、中小企業子育て支援助成金
  ※セミナー終了後、助成金に関する個別相談をお受けします。
4 対象者 事業主、人事労務担当者
5 問い合わせ・申込
  (財)21世紀職業財団新潟事務所 電話025−249−5660
 
報道資料7 PDF(127KB)
 

 医は食に、食は農に、農は自然に学べ 〜しみん食育と農業のつどい〜
 
 毎年恒例の「しみん食育と農業のつどい」を、今年度から市民団体である「三条まんま塾」が中心となって開催いたします。行政だけでなく、食に関わる様々な立場の方々の想いを取り入れ、これまでに増して、農業や食の問題を身近にとらえられる内容になっています。
 
しみん食育と農業のつどい
1 と き  12月5日(日)
       午後1時10分から午後3時50分(開場 午後0時40分)
2 ところ  三条市総合福祉センター 多目的ホール
3 内 容 (1)基調講演 「医は食に、食は農に、農は自然に学べ」
               講師 朝日新聞社 論説委員 大矢雅弘さん
       (2)パネルディスカッション
             「農と食で地域を変えよう!私にできる第一歩」
         パネリスト  医師会、栄養士会、生産農家、三条ホタルの会、三条市長
         座長     駒澤大学教授 姉歯 暁さん
         アドバイザー 朝日新聞社 論説委員 大矢雅弘さん
         ※手話通訳と要約筆記があります。
       (3)三条まんま塾キャラクターコンテスト表彰式
4 参加特典  さつまいもおやつの試食
         新米3合プレゼント
5 申込み  不要です。直接会場においでください。
6 保育ルーム ・定 員…10人(申込み順)
          ・利用料…子ども一人につき200円(保険料など)
          ・申込み先…三条市健康づくり課食育推進室
               TEL0256−34−5511(内線477)
          ・申込み期限…11月26日(金)まで
 
報道資料8 PDF(185KB)
 

 笑顔で満たそう ウチの子育て! 〜子育て応援講演会〜
 
 子育ては、なかなか筋書き通りにいきません。それが当たり前。肩に力をいれずにもっと楽しく微笑みあいながら、子育てができるといいですよね。そうすれば、子どもの成長をもっと時々で感じられるはずです。
 これから生まれてくる我が子の誕生をこころ待ちにしているママとパパ、そして日々忙しい中で子育てをしているママとパパ、「頑張りすぎない子育てのポイント」を聞いてみませんか。
 
子育て応援講演会
1 と き  平成22年11月27日(土) 午前10:00〜12:00(午前9:30開場)
2 ところ  三条市三条東公民館 多目的ホール1
3 内 容  演題「子育て奮闘中のママ・パパと、これから子育てを迎えるママ・パパへ〜笑顔で子育て、親育ち〜」
         講師:新潟青陵大学大学院 臨床心理学研究科長 橘 玲子 さん
4 対象者  一般市民(子育て中の保護者、現在妊娠中の夫婦を中心に)
5 参加費  無料
6 申し込み 不要(直接会場にお越しください)
         *保育ルーム利用者のみ事前受付が必要。
7 保育ルーム 定員15人(受付順)
          対象:生後6か月から小学校2年生までのお子さん
          利用料:子ども一人につき200円(保険料など)
          受付期間:11月8日(月)〜19日(金)
          ※保育ルームの受付は、子育て支援課総合支援係 45-1114
8 主 催  『子育て応援宣言!』三条市教育委員会子育て支援課
 
報道資料9 PDF(141KB)
 

10 新たに女性消防隊も発足 〜三条市消防団結団式〜
 
 三条市消防団では、平成22年12月1日の消防団統合に伴い、結団式を開催いたします。
 
1 開催日時  平成22年12月5日(日)
          午前10時30分から11時30分
2 開催場所  三条市厚生福祉会館
3 出 席 者  来 賓:歴代市町村長および歴代消防団長等消防関係者 約70名
          主催者:行政関係者および消防職・団員 約380名
4 主な内容  来賓祝辞をはじめ新調した団旗、方面隊旗等の伝達式および新しく発足した女性消防隊のお披露目等。
 
報道資料10 PDF(91KB)
 

11 全国の自治体職員有志が三条市に集結
 
 全国の自治体職員が、自らあるべき自治体の姿、目指すべきプロの職員像を考えることを目的に設立された「自治体職員有志の会」による「オフ会」がこのたび三条市において開催されます。
 
自治体職員有志の会第17回オフ会in 三条
1 テーマ
  「地域が持続可能な発展を遂げるため、職員はどのように生きるべきか」
2 開催日時
  平成22年11月13日(土)13時30分〜17時00分
3 会 場
  三条東公民館 多目的ホール1
4 プログラム
 (1) 講演(13 時45 分〜14 時50 分)
   「地域が自立的発展を遂げるために自治体(職員)はどうあるべきか」
     講師 三条市長 國定勇人
 (2) ワークショップ(15 時00 分〜17 時00 分)
   國定市長との意見交換と行政課題のケースメソッド
 
報道資料11 PDF(363KB)
 

12 平成22年度下半期各部が当面取り組むべき重点課題(市長指示事項)
 
報道資料12 PDF(261KB)
 
 

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 総務部 政策推進課 広報広聴係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通)
Fax : 0256-34-7933
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。