• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 市政・データ > 市長の部屋 > 記者会見 > 記者会見一覧 > 平成21年10月13日 定例記者会見

報道資料

 官・民・地域の連携イベント『秋のしただ郷うきうきフェスタ』開催
 
 三条市下田地域の交流拠点のあり方を検討する「しただ郷交流拠点検討委員会」は、交流人口拡大に向け、この地域ならではの魅力を掘り起こし、地域に住む人たちが地域の魅力を自ら伝える取組を行っています。
 
(1) と  き  平成21年10月10日(土)から
(2)場  所  三条市下田地域の各所
(3)内  容
    ◆体験プログラム
      秘境吉ヶ平歴史散策と秋の味覚ツアー、畑の学校、サツマイモ収穫祭、
      伝承の味「ひこざぇん」作り体験、いい湯らてい紅葉バスツアー、
      越後下田縄文道場秋祭り、ひめさゆり湖紅葉カヌーツーリング、そば打ち体験
    ◆講演会プログラム
      諸橋轍次博士から直接に聞いた話、諸橋轍次博士記念漢詩大会・記念講演会
    ◆イベントプログラム
      畜産研究センターふれあい開放デー、しただの作家たち「雫」展、
      環境フェスタ2009、しただ商工会まつり、ヤギの駅長in八木ヶ鼻、
      下田文化祭、第5回しただ秋まつり
    ◆味めぐり
      しただうんめもんフェア、下田アグリの収穫祭、
     仕出し屋森山四郎平の秋の下田弁当、「越の紅コロ」7店舗の限定販売
(4)主   催  しただ郷交流拠点検討委員会
(5)後   援  下田商工会・下田郷観光協会・三条市
 
報道資料1 PDF(2,622KB)
 

 三条中央商店街の活性化事業計画が全国第1次認定に
 
 平成21年8月1日に施行された地域商店街活性化法に基き、三条中央商店街が申請した商店街活性化事業計画が、法施行後初めての第1次認定を受けました。
 全国ではその他18件の事業計画が認定されました。
 
1 三条中央商店街振興組合 理事長 外山衛資 構成員77名
2 事業計画の申請から認定まで
   平成21年8月 1日  地域商店街活性化法が施行
           以後  活性化事業計画申請の着手と計画内容の検討
        8月25日  三条中央商店街理事会で申請を決定
        9月 4日  経済産業省関東経済産業局長に申請書を提出
           10月 9日  経済産業省関東経済産業局長の認定
3 事業計画の概要
  「三条市の元気はつらつな女性達の感性を活かした「買い物便利」「触れ合いあふれる」商店街づくり」
 空き店舗を活用し、地域に不足する生鮮品店等を集めた「食品売り場」を設置するとともに、商店街で買い物をした商品を自宅まで宅配するサービスを実施する。併せて、高齢者の「お休み処」と、短時間一時保育も行う「子育てよろず相談所」を開設し、地域のコミュニティ作り、地域の伝承遊び・昔話の伝承の場としての「触れ合いあふれる」商店街の実現を目指す。
  事業実施期間は、平成26年3月まで
4 その他
  地域商店街活性化法
 商店街が「地域コミュニティの担い手」として行う地域住民の生活の利便を高める試みを支援することにより、地域と一体となったコミュニティづくりを促進し、商店街の活性化を図る。
 事業費は最大で2/3の補助を受けることができ、税制、融資でも支援策が講じられる。
 
報道資料2 PDF(115KB)
 

 PR用 DVDで三条市の魅力を国内外に発信!
 
 すでに、皆さんは国体会場でご覧になりましたか。
三条市の「産業」や「伝統」、「自然」、「食」の魅力と情報満載の
 「三条市PR DVD」が完成しました!

【概要】
  三条市の「歩み」や「ものづくりに挑む姿」、「オンリーワン」の数々など、
「三条の様々な魅力」を分野別に、映像でまとめた情報発信のPRツールです。
【特徴】
 ●三条市の数々の魅力を「歩」、「技」、「伝」、「緑」、「味」の5つのチャプター(章)に分け、フレッシュな映像とナレーションで紹介しています。
 ●各章には、それぞれの分野で活躍する方が魅力の語り部として登場。
  三条をさらにアピールしていただいています。
 ●日本語の他に「英語」と「中国語」を収録。海外にも向けた発信ツールです。
 ●DVDに収録しきれなかった情報は数々の写真とともに付録パンフレットに掲載。英語、中国語も併記しています。
【利活用】
 ●首都圏での三条市PR・情報発信イベント事業等で放映。三条市への誘客を図り、地域間交流を促進します。
 ●海外見本市や展示会、商談等、企業の営業活動において産地を紹介するアイテムとして利用を呼びかけます。
 ●自分たちのまちを理解し、誇りを持ち、郷土愛を育む啓発用の副教材として学校での利用を呼びかけます。
 ●出張や留学などで海外渡航される市民の皆様からも積極的に利用いただけるよう呼びかけます。
 
報道資料3 PDF(416KB)
 

 新たなご当地体操が三条に誕生 〜さんちゃん健康体操〜
 
 ご当地体操をご存知ですか?高齢者の寝たきり防止など介護予防を目的としたその地域ならではのユニークな体操のことで、今や全国各地で様々な体操が行われています。
 三条市でも、高齢者の転倒骨折予防に効果をあげている「荒川ころばん体操」の開発者、首都大学東京健康福祉学部の山田拓実准教授に介護予防体操の制作を依頼し、このたび「さんちゃん健康体操」として完成しました。
 次のとおり体操のお披露目式を行います。
 
○三条市オリジナル「さんちゃん健康体操」お披露目式
◆日 時 平成21年10月19日(月)午前10時〜11時20分
◆会 場 三条市厚生福祉会館体育館
◆対象者 おおむね65歳以上の方など
◆内 容 準備体操、練習、さんちゃん健康体操など
○さんちゃん健康体操とは
 1回約17分の体操で、鍛冶屋の動きや凧ばやしなど三条市らしさを取り入れてあり、音楽と掛け声に合わせて誰もが気軽に楽しく無理なく続けることができる内容です。体操を続けることで、足・腰・腹部の筋力アップやバランス感覚の向上により転倒骨折予防、また、認知症予防や口腔機能の向上、閉じこもり予防が期待できます。
 現在35か所の教室で、900人近くの参加者が体操に参加しています。今後、さらに老人クラブ、いきいきサロンなどを中心に普及を進めていきます。
 
報道資料4 PDF(123KB)
 

 介護の悩みや不安を話し合いませんか 〜家族介護支援事業〜
 
 三条市では、市内にお住まいで、要介護認定を受けている方を介護している家族の方などの心身の負担の軽減を図り、介護者を支援することを目的として、介護者の健康づくり及び介護に関する悩みや意見の交換会、介護保険サービスの知識・情報の講習・研修会、介護技術の講習・研修会などを9月から行っています。
 
1 対象者   市内にお住まいで、要介護認定を受けている方を家庭で介護している方
2 開催日等
 [1]11月14日(土)9:30〜11:30 「若返り間専科(わかがえりませんか)」 勤労青少年ホーム(ソレイユ)
 [2]11月14日(土)13:30〜15:30 「若返り間専科(わかがえりませんか)」大崎公民館
 [3]11月23日(月)13:00〜15:30 「ほっと和んで心にゆとりがほしいよね」つかのめの里
 [4]11月28日(土)14:00〜15:30 「介護していてもしていなくても私はわたし」大崎公民館
 [5]12月4日(金)13:30〜15:30 「安心できる在宅介護」体育文化センター
 [6]12月12日(土)9:30〜11:30 「若返り間専科(わかがえりませんか)」下田公民館
 [7]12月12日(土)13:30〜15:30 「若返り間専科(わかがえりませんか)」薬師の郷
 
報道資料5 PDF(150KB)
 

 〜秋の一日を保内公園で過ごしてみませんか〜『秋の保内公園まつり』
 
 保内緑の里管理組合では、春に引き続き「秋の保内公園まつり」を開催します。「オープンガーデン巡りと秋の里山散策」やミニコンサートも実施されます。さわやかな秋の一日を保内公園で過ごしてみませんか。盛りだくさんのイベントを用意して皆様のおいでをお待ちしております。
 
1 日 時 平成21年10月24日(土)午前9時〜午後4時
2 会 場 保内公園
3 問い合わせ 保内公園緑の相談所 (TEL38-5240)
4 イベント一覧
   オープンガーデン巡りと秋の里山散策
   植木販売 
   押し花体験と展示会
   籠つくり体験と展示会
   プリザーブド・フラワー制作体験
   木工工作体験
   似顔絵描き
   竹とんぼ飛ばし体験
   木工小物の製作実演・販売
   茶道体験
   花鉢プレゼント
   フリーマーケット
   庭園写真と植物画展
   ミニコンサート
   緑化園芸相談
   マジックバルーン、水ヨーヨー、露店
 
報道資料6 PDF(117KB)
 

 中間支援組織「NPOさんじょう」の環境活動が「地域における容器包装廃棄物3R推進モデル事業」に
 
 環境省では容器包装廃棄物の3Rを効率的・効果的に推進するため、地域のトップランナー的な取組をモデル事業として採択し、効果を検証し全国に紹介しています。
 昨年度の市民活動ネットワークに引き続き、NPOさんじょうの申請した『詰め替え商品の販売促進実証実験及び揚げ物等の個売り容器の削減実証実験』が環境省のモデル事業に採択されました。
 
1 事業主体
  NPOさんじょう(旧:市民活動ネットワーク)
2 事業目的
  容器包装廃棄物の発生抑制、再使用を推進する。詰め替え商品を消費者が積極的に選択するための効果的な普及啓発活動の実証を目的とする。
3 事業内容
  市内のスーパーの協力を得て、次の事業を行う。
(1)シャンプーなどの詰め替え商品を消費者が積極的に選択するための効果的な普及啓発方法の実証実験。(実施店舗:ジャスコ三条店)
(2)コロッケなど消費者が自ら店頭の使い捨て容器に詰めて購入している惣菜などについて、デポジット容器を導入し、消費者が繰り返し使用するためにはどのような普及啓発をすれば大きな効果が得られるかの検証。(実施店舗:スーパーマルセン)
(1)(2)とも、対象商品購入者には「らて」を発行し、20枚でエコごみ袋と交換します。
 
報道資料7 PDF(114KB)
 

 飯田小学校の活動が新潟県環境賞を受賞
 
 地域ぐるみで環境美化活動を行う飯田小学校の取組が、第14回新潟県環境賞を受賞しました。
 県では、毎年、地域の優れた環境保全活動に対し、環境会議議長(新潟県知事)より表彰を行っています。
 学校としての受賞は、三条市では初となります。
 
〜飯田小学校(井上光廣校長・児童144名・教師15名)の環境活動〜
 「地域ハートフル活動」
  公共施設の美化清掃活動や花の苗を植えるなどしている。
 「PTAクリーン活動と廃品回収」
  各地区内の清掃活動及び、PTAが主催する廃品回収に親子で取り組む。
 「全校登山 ふるさとの山から見つめよう」
  全校児童が、登山ボランティアである地域の人たちと山頂を目指す。
 「五十嵐川」
  4年生が水質調査やクリーン活動に取り組んでいる。
 
報道資料8 PDF(105KB)
 

 体験型環境イベント「環境フェスタ2009」に電動スクーター「エスティーバ」がお目見え
 
 体験型環境イベント「環境フェスタ2009」がいよいよ開催されます。
当日の詳細プログラムが決まりましたので、発表します。
 一日を通して「環境」を楽しめるイベントです。ぜひお越しください。
 
1 と き  10月24日(土)10:00〜15:00
2 場 所  下田体育館
3 内 容 別添チラシのとおりです
 *追加プログラム
●13:10〜13:50 「本間里子with JC BAND extra」による沖縄音楽演奏
 本間里子さん(三条市出身・在住)の沖縄の伝統楽器「三線」による歌と演奏。
●社会福祉法人「ひめさゆり福祉会」による喫茶コーナー
 会場内に休憩スペースを設けました。おいしいコーヒーとお菓子を販売します。
●市内廃棄物処理業者による出前レアメタル(希少金属)回収コーナー
 ※回収品目:携帯電話(電池除く)・デジタルカメラ・携帯音楽プレイヤー
お持ちいただいた方には粗品をプレゼント!
●EVスタンディングスクーター「エスティーバ」試乗コーナー
 電気自動車につづき、今話題となっている、地球にやさしい一人乗りの立ち乗り電動スクーター「エスティーバ」。そのエスティーバが環境フェスタにやってきます。
 
報道資料9 PDF(714KB)
 

10 「ひとが元気 まちが元気」第2回夢ちいき県央塾を開催
 
 今年度も、「ひとが元気 まちが元気」を合言葉に、県央地域住民を対象に講演や対談などを行い共に考える場「夢ちいき県央塾」を開催しています。第2回夢ちいき県央塾は11月13日(金)に三条市で開催します。
 
1 夢ちいき県央塾概要
 (1) 主 催  夢ちいき県央気塾実行委員会(新潟日報社、県三条地域振興局、新潟経営大学、三条市、燕市、田上町、弥彦村)
 (2) 共 催  三条市教育委員会、燕市教育委員会、田上町教育委員会、弥彦村教育委員会
 (3) 開 催  年度内3回の開催を予定
         ※ 第1回は8月29日に燕市産業史料館で開催しました。
 (4) 内 容  産業、人材育成、教育、環境、医療、福祉、コミュニティー、国際交流、子育て、世代間交流、男女共同参画、少子高齢化など広い意味での「地域づくり」をテーマとした対談や講演
 (5) 対 象  県央地域住民
2 第2回夢ちいき県央塾の開催
 (1) 日 時 11月13日(金)午後6時30分から(2時間程度)
 (2) 会 場 県央地域地場産業振興センター メッセピア(4階 大会議室)
 (3) 内 容 「県央地域の経済の現状や課題、そして将来展望等について、三条信用金庫・佐川正博理事をコーディネーターに、三条工業会・兼古耕一会長、新潟経営大学・宮脇敏哉教授、三条市・國定勇人市長の4人によるディスカッションを予定」
 (4) その他 入場無料(ハガキ等による申込を予定)
 
報道資料10 PDF(135KB)
 

11 三条庁舎高層棟玄関脇スペースを活用し、創作造園で市民の皆様をお出迎え
 
 三条庁舎正面玄関脇の緑地スペースを創作造園等の作品発表の場として提供するとともに三条庁舎のイメージアップを図ります。
1 実施時期  平成21年10月中旬公開予定
2 実施場所  三条庁舎正面玄関両脇 緑地スペース
3 作品制作者 保内園芸組合青年部
4 作品テーマ 「かぐやプリンセス」
※作品制作に係る費用は保内園芸組合青年部が負担
 
報道資料11 PDF(89KB)
 

12 計画期間の着地点に向かい着実に推進しています 〜「営業戦略プログラム」平成20年度経営報告
 
 将来にわたり安定した魅力ある行政サービスを市民の皆様に提供することを目的とした、自治体経営の視点に立った行政システムへの改革の道筋となる「経営戦略プログラム」に基づく構造改革、歳出入改革及び意識改革の3つの経営戦略が、同プログラムに設定されている目標に向かってどれだけの成果があったか、また、今後どのように進めていくのかを客観的に検証し、報告します。
 
経営戦略プログラム」平成20年度経営報告の概要
 
3つの経営戦略による効果額
 平成20年度効果額 1,828,158千円
 累計効果額    3,796,322千円
 
報道資料12 PDF(109KB)
「経営戦略プログラム」平成20年度経営報告書 PDF(477KB)
 
 

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 総務部 政策推進課 広報広聴係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通)
Fax : 0256-34-7933
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。