• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 市政・データ > 広報・広聴 > パブリックコメント > 三条市パブリックコメント制度

三条市パブリックコメント制度

最終更新日:2013年4月1日

三条市パブリックコメントの制定について

 パブリックコメントとは、欧米で広く実施され、計画時から市民の声を取り入れてい くルールを決めたもので、国では平成11年4月「国民意見提出手続制度」として導入 し全省庁で実施しています。地方自治体でも新潟県や大阪府、先進的な市で取り組みが進 められており、こうした中で三条市でもこの制度を導入するものです。
 今まで、制度化されていない市民の声を取り入れる仕組みを、基本的な計画立案など について、共通のルールを設けて行うこととしました。

▼広く市民に関連する計画、条例、新規施設の建設などの案を公表し、それに対する意見を考慮して、市の意思決定を行うことにより、市民との協働の行政を進めていくことを目的としています。


▼市の意思決定を行う際には、市民や関係者の意見を求め、意見に対する市の考え方や取り入れたものを公表することで、市民などの意見を市の政策に反映させる機会を確保するものです。


▼この制度は、提出された意見に必ずしも拘束されるものではなく、また、提出件数によって賛否を決する住民投票のようなものではありません。

 

パブリックコメントの対象となる大きな3つの項目

▼市の政策に関する基本的な計画の策定または変更
*ここでいう「基本的な計画」とは、市の政策の方向性を定めるような計画で、「まちづくり総合計画」や「福祉・保健・医療計画」などが対象となり、個別の事務事業の実施計画や業務処理スケジュールのようなものは除きます。

▼広く市民に義務を課し、または権利を制限する条例(地方税の賦課徴収並びに分担金、使用料及び手数料の徴収に関するものを除く。)案の作成
*ここでいう「条例」とは、市の具体的な条例で言えば、「ポイ捨て等防止条例」で他の市町村での「景観条例」などが挙げられます。

▼広く市民の公共の用に供される施設の建設に係る基本計画の策定又は変更
*ここでいう「施設」とは不特定の者が利用したり、不特定の者の利益のための施設をいいます。このため、学校のように特定の人(その地区の学齢期の児童)が利用する施設は原則として含まれません。ただし複合施設として広く一般市民が利用できるような学校建設基本計画などは対象となります。

▽上記のほか、制定又は改正・廃止しようとする制度などの趣旨を考えたうえで、パブリックコメントを実施することが適当なものについては、その実施に努めるものとします。

▽迅速性もしくは緊急性を要するもの、軽微なもの、または行政の裁量の余地のないものについては、パブリックコメントを行わないことができます。

パブリックコメントの流れ

パブリックコメントの流れ
このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 総務部 政策推進課 広報広聴係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通)
Fax : 0256-34-7933
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。