記事一覧

全校着衣水泳

2012.07.20

ファイル 353-1.jpgファイル 353-2.jpgファイル 353-3.jpgファイル 353-4.jpg

 本日の3時間目に下学年、4時間目に上学年が全校着衣水泳をしました。「自分の命は自分で助ける」ためには、着衣状態で水に落ちても、あわてず、浮いて呼吸を確保していけるようにすることが大切です。水の中を歩く、ペットボトルを使い靴を履いてラッコ浮きをする、背浮きをすることの3つの活動をしました。衣服を着ていると動きにくいこと、声を出して助けを呼んだり、手を振って助けを呼んだりすることは難しいことが体験することによって分かりました。