○三条市施設命名権売却取扱要綱

平成19年12月28日

告示第223号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市の新たな財源を確保することにより、市民サービスの向上及び地域経済の活性化を図るため、民間企業等に対して市が指定する公の施設に名称を付ける権利(以下「施設命名権」という。)を売却することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(施設命名権者の募集方法等)

第2条 施設命名権者は、公募により選定するものとする。この場合において、当該公募は、次に掲げる事項を明示して行うものとする。

(1) 施設命名権を売却する公の施設の名称及び所在地

(2) 募集期間

(3) 応募時の提出する証明、書類等

(4) 応募者及び名称の条件

(5) 施設命名権の売却金額及び契約期間の条件

(6) 命名に伴う名称表示の変更等に係る費用負担

(7) 選定方法及び選考基準

(8) 施設命名権の使用を開始する時期

(9) その他施設命名権者の募集及び命名に関して必要な事項

2 前項第4号に掲げる応募者及び名称の条件は、三条市広告掲載取扱要綱(平成19年三条市告示第222号)第3条に定める広告の掲載の条件に準ずるものとする。

(選定委員会の設置)

第3条 施設命名権者の選定に関し、次に掲げる事項を審議するため、施設命名権者選定委員会(以下「選定委員会」という。)を設置する。

(1) 施設命名権の売却の公募に係る応募者の適格性、提示された条件等を総合的に判断し、優先して施設命名権の売却の契約の交渉をする者を選定すること。

(2) その他施設命名権者の選定に関して必要な事項

(選定委員会の組織等)

第4条 選定委員会の委員は、総務部長、政策推進課長、行政課長、財務課長、市民窓口課長、生涯学習課長及び市長が指名する者をもって組織する。

2 選定委員会に委員長を置き、総務部長をもって充てる。

3 委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長が指名する委員がその職務を代理する。

(選定委員会の会議)

第5条 選定委員会の会議は、委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 選定委員会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 選定委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の者を会議に出席させて意見を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(選定委員会の庶務)

第6条 委員会の庶務は、総務部財務課において処理する。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、施設命名権の売却に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成20年1月1日から施行する。

附 則(平成20年3月告示第61号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月告示第76号)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

三条市施設命名権売却取扱要綱

平成19年12月28日 告示第223号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
平成19年12月28日 告示第223号
平成20年3月31日 告示第61号
平成21年3月31日 告示第76号