• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 市民生活 > 年金・国保・税金 > 国民年金 > 年金加入者・受給者の方の手続 > 【国民年金】年金を受けずに帰国する外国人の手続(脱退一時金)

【国民年金】年金を受けずに帰国する外国人の手続(脱退一時金)

最終更新日:2015年12月24日

 国民年金は、日本国内に住む外国人の方も加入することになっています。
 しかし、老齢基礎年金の受給資格を満たすことなく帰国する短期在留の外国人の方も多くいるため、「脱退一時金」の制度が設けられています。
 また、厚生年金保険又は共済組合等の被保険者(組合員等)の方は、こちら「日本年金機構」(外部サイトにリンクします)

 ※代理の方が年金相談などされる場合、状況により委任状などが必要な為、下記のリンク先をご確認ください。
  外部サイト:日本年金機構「年金相談をされるときのお願い」 ・ 「年金相談を委任するとき」

脱退一時金

国民年金に加入し保険料を6か月以上(※)納めていた外国人の方が、老齢基礎年金などの受給資格を満たすことなく帰国または海外に移住した場合、その日から2年以内に請求できるものです。

なお、脱退一時金を受け取った場合、支給額の基礎となった期間は国民年金に加入していなかったものとみなされます。

 

※ 一部免除(一部納付)期間は、免除の段階に応じて月数が換算されます。

 

《ご注意》

日本と「年金通算」の協定を結んでいる相手国の年金加入期間がある方は、一定の要件のもとで年金加入期間を通算し、日本および協定相手国の年金を受けられる場合があります。脱退一時金を受け取るとその期間を通算できなくなりますので、十分ご注意ください。

最新の協定締結状況(どの国とどんな協定が結ばれているか)は、上記の日本年金機構ホームページでご確認ください。 

請求できる方

老齢基礎年金の受給資格を満たしておらず、かつ下の【1】【5】の要件をすべて満たす方が請求できます。

 

【1】日本国籍がない。

【2】日本国内に住所がない。

【3】国民年金第1号被保険者として保険料を納めた月数と、次のイ〜ハの計算をして算出された月数の合計(対象月数)が6か月以上ある。

イ)保険料の4分の1を免除された(4分の3を納めた)月数×4分の3

ロ)保険料の2分の1を免除された(2分の1を納めた)月数×2分の1

ハ)保険料の4分の3を免除された(4分の1を納めた)月数×4分の1

【4】障害基礎年金などの受給資格を得たことがない。

【5】最後に被保険者の資格を喪失した日(その日に日本国内に住所があるときは、その日以後初めて日本国内に住所を有さなくなった日)から2年を経過していない。

請求方法

請求は、帰国または移住してから2年以内に行ってください。

 

請求用紙

日本年金機構の「外国籍の人が自国へ帰国し、脱退一時金を受給するときの手続き」からダウンロードできます。(外部サイトにリンクします)

提出のしかた

1)請求用紙に書かれた説明をよく読んでください。

2)必要事項を記入してください。

3)「添付書類」を添えて郵送してください。郵送する際は、請求用紙に印刷された宛名カード(日本年金機構宛て)を切り取ってお使いください。

支給される金額

脱退一時金を請求する月の前月までの間で、国民年金保険料の全額または一部を納めた期間のうち一番最後の月を「基準月」といいます。

脱退一時金の額は、その基準月が平成18年度まで(平成19年3月まで)の間にある場合、その年度に応じて下の表のとおりとなっています。

 

対象月数

基準月の属する年度

平成11年度

以前

平成12年度

〜16年度

平成17年度

平成23年度

6か月以上12か月未満

35,100円

39,900円

40,740円

45,060円

12か月以上18か月未満

70,200円

79,800円

81,480円

90,120円

18か月以上24か月未満

105,300円

119,700円

122,220円

135,180円

24か月以上30か月未満

140,400円

159,600円

162,960円

180,240円

30か月以上36か月未満

175,500円

199,500円

203,700円

225,300円

36か月以上

210,600円

239,400円

244,440円

270,360円

                            

 基準月が平成19年度以降(平成19年4月以降)に属する場合、脱退一時金の額は次のように計算されます。
 
 

基準月が平成17年度に属する場合の脱退一時金額

  当該年度の国民年金保険料月額

× ――――――――――――――――――

  平成17年度の国民年金保険料月額

  (13,580円)

 

 

お問い合わせ先

 ご不明な点は、こちらへお問い合わせください。
  〒955−8575
     三条市興野3−2−3 三条年金事務所 電話:0256−32−2820

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 市民窓口課 市民総合窓口係(年金担当)
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通)
Fax : 0256-31-1105
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。