• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 市民生活 > 年金・国保・税金 > 国民年金 > 遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金 > 【国民年金】寡婦年金

【国民年金】寡婦年金

最終更新日:2015年12月24日

受けられる方

 国民年金保険料を納付した期間(第3号被保険者の期間は除く)と免除された期間の合計が25年以上ある夫が、老齢基礎年金・障害基礎年金のいずれも受けないまま亡くなられたとき、その夫により生計を維持されていた10年以上婚姻関係のある妻が、60歳から65歳になるまでの間受けられます。

 ただし妻が同じ期間中に他の年金(老齢厚生年金・遺族厚生年金など)を受けられるときは、いずれか有利なものを選択することになります。

 

※寡婦年金を受けない場合は、夫が国民年金保険料を3年以上納めていれば、夫の死亡日から2年以内に「死亡一時金」を請求できます。

請求のしかた

 請求は、夫が亡くなられた日から5年以内に行ってください。

 

請求場所

三条市役所市民窓口課 市民総合窓口係(または、栄・下田サービスセンター窓口)

必要なもの

状況により異なりますが、おもに次のものが必要です。
 

●夫の年金手帳、または基礎年金番号通知書

●妻の年金手帳、または基礎年金番号通知書

●妻が年金(障害年金など)を受けているときは、その年金証書

●戸籍の全部事項証明(謄本)

●夫の住民票の除票

●妻の住民票謄本

●妻の所得証明書

●妻の預貯金通帳  

●印鑑

●夫と妻の世帯が異なるときは、「生計同一関係に関する申立書」(第三者の証明が必要な場合があります)

 ※様式は市年金窓口または三条年金事務所にあります。


※代理の方が年金相談などされる場合、状況により委任状などが必要な為、下記のリンク先をご確認ください。
 外部サイト:日本年金機構「年金相談をされるときのお願い」 ・ 「年金相談を委任するとき」
 

《ご注意:振込みの開始について》

※妻が60歳に達するとき、支給停止解除のための手続き用紙が送られてきます。これを提出することにより、2〜3か月後に振込み開始となります。

※請求する時点ですでに妻が60歳以上だったときは、請求してから2〜3か月後に振り込み開始となります。

支給される金額

 夫の国民年金第1号被保険者期間に基づいて、老齢基礎年金の例により計算した額の4分の3です。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 市民窓口課 市民総合窓口係(年金担当)
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通)
Fax : 0256-31-1105
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。