• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 市民生活 > 年金・国保・税金 > 国民年金 > 遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金 > 年金を受け取る前に亡くなられたときの手続

年金を受け取る前に亡くなられたときの手続

最終更新日:2016年8月1日

 国民年金に加入していた方が年金を受け取る前に亡くなられたとき、遺族の方が請求できる場合がありますので、下記の内容を参考にしてください。
 
  詳しくはこちら「日本年金機構」(外部サイトにリンクします)

 もしくは、もよりの年金事務所へお問い合わせください。

 三条市にお住まいの方はこちらへどうぞ。
   〒955−8575 三条市興野3−2−3
   三条年金事務所 お客様相談室 電話:0256−32−2820

 また、代理の方が年金相談などされる場合、状況により委任状などが必要な為、下記のリンク先をご確認ください。
  外部サイト:日本年金機構「年金相談をされるときのお願い」 ・ 「年金相談を委任するとき」

 なお、年金を受給していた方が亡くなられたときは、下記のリンクを参考にしてください。
 「ご家族様が亡くなられたときの手続」

遺族基礎年金

 亡くなられた被保険者により生計を維持されていた18歳未満(または、障害のある20歳未満)の子がいるとき、被保険者の死亡日から5年以内に請求できます。

 ただし、当該被保険者が一定の保険料納付要件を満たしている必要があります。

寡婦年金

 国民年金保険料を納めた期間+免除された期間が25年以上ある夫が老齢基礎年金や障害基礎年金を受けずに亡くなられたとき、その夫により生計を維持されていた10年以上婚姻関係のある妻が、夫の死亡日から5年以内に請求できます。

死亡一時金

 国民年金保険料を3年以上納めた被保険者が老齢基礎年金や障害基礎年金を受けずに亡くなられたとき、その方と生計を同じくしていた一定の範囲までの遺族が、被保険者の死亡日から2年以内に請求できます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 市民窓口課 市民総合窓口係(年金担当)
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通)
Fax : 0256-31-1105
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。