• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 教育委員会事務局 > 子育て支援課 > ひとり親家庭等医療費助成

ひとり親家庭等医療費助成

最終更新日:2017年4月1日

平成28年1月からひとり親家庭等医療費助成の各手続きにおいて、申請者、対象児童及び同居親族の個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。詳しくは下段をご覧ください。

個人番号(マイナンバー)について

平成28年1月から個人番号(マイナンバー)制度開始に伴い、次の手続きをする場合は、申請者、対象児童及び同居親族の個人番号の記入が必要です。
【手続き】
・ひとり親家庭等医療費助成受給者証の交付申請
・対象児童の追加に係る届出
・同居する親族の変更に係る届出

また、申請者の個人番号確認のため、次の書類をご用意ください。
【個人番号が確認できる書類】
・個人番号カード
・通知カード
・個人番号が記載された住民票など
【本人確認書類】
・個人番号カード、運転免許証、パスポートなど写真付きのものであれば1点
・通知カード、健康保険証、年金手帳など写真付きでないものは2点

助成内容

ひとり親家庭等の方の医療費本人負担分を助成する制度です。ただし、所得制限があります。

対象者

ひとり親家庭の父か母または、両親のいない児童を養育している方で次の児童を扶養している方及びその児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童。一定の障がいがある児童は20歳未満)

1 父または母が婚姻を解消した児童
2 父または母が死亡した児童
3 父または母が重度の障がいを有する児童
4 父または母の生死が明らかでない児童
5 父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
6 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童      
7 母が婚姻によらないで懐胎した児童
8 その他(出生の事情が明らかでない児童など)

ただし、上記に該当しても次の方は対象になりません。

・健康保険に加入していない方
・生活保護を受けている方
・重度心身障がい者医療費助成制度(県障)または乳児医療費助成制度の対象になる方
・里親に委託されている方

助成対象の医療費

・保険診療(医科.歯科.調剤等)分が対象です。
・保険診療適用外(検診)などは助成の対象になりません。
・入院時の食事負担額については「食事療養に係る標準負担額減額認定証(各保険者に申請することで、発行されます。)」をお持ちの方は、対象になります。

所得制限について

申請者、その配偶者及び生計を同じくする扶養義務者(父母、祖父母、子、兄弟姉妹など)の前年の所得(1月〜8月に申請した場合は前々年所得)が次の表の額以上であるときは、助成を受けることができません。また、申請者(母又は父に限る)が子の父または母より養育費を受け取っている場合、その8割を本人の所得に含めます。)
 
                                    単位:円           

扶養親族等の数 本     人 配偶者及び扶養義務者
0人 1,920,000 2,360,000
1人 2,300,000 2,740,000
2人 2,680,000 3,120,000
3人 3,060,000 3,500,000
4人 3,440,000 3,880,000
5人 3,820,000 4,260,000
加算  老人控除対象配偶者、
 または老人扶養親族が
 ある場合は1人につき
 100,000円を加算特定
 扶養親族がある場合は
 1人につき150,000円を
 加算
 老人扶養親族がある場
 合は1人につき60,000
 円を加算
 ただし、老人扶養親族
 のみのときは1人を除
 いた1人につき60,000円
 を加算

 ※ この表は、ひとり親医療について認められている障害者控除、医療費控除などの所得控除を行った後の所得について適用します。

申請(届出)

申請場所

市民窓口課市民総合窓口
栄サービスセンター総合窓口グループ
下田サービスセンター総合窓口グループ

お持ちいただくもの

1 申請者と児童の健康保険証
2 申請者と児童の全部事項証明又は戸籍謄本
3 申請者及び同居の扶養義務者(申請者の父母兄弟)の所得証明書
  1月〜8月申請者(前々度1月1日に三条市に住所がなかった方)
  9月〜12月申請者(前年度1月1日に三条市に住所がなかった方)
4 印鑑
5 その他事由により必要になる書類、証明書(お問い合わせください)

こんなときは届出を

・氏名、住所に変更があったとき
・健康保険証の種類または、記載事項に変更があったとき   
・新たに監護、養育する児童が生じたとき
・ひとり親世帯に該当しなくなったとき
・第三者行為による治療を受けたとき

受給者証の更新申請について

前年の所得状況等を確認するため、毎年更新の手続きが必要です。
提出期間は8月1日から8月31日までです。提出しないと10月1日以降の助成が受けられなくなりますので、
必ず提出をお願いします。

集中受付会場及び日程(集中受付は終了しました)

【日程】
 8月8日(月)、9日(火)、18日(木)、19日(金)

【時間】
 午前8時30分〜午後8時

【会場】
 ・三条市役所第二庁舎 二階 第3集会室
 ・栄サービスセンター総合窓口グループ
 ・下田サービスセンター総合窓口グループ
 ※栄及び下田サービスセンターについては18日(木)、19日(金)は実施いたしません。

医療機関にかかるとき

県内の医療機関にかかるとき

医療機関の窓口に次の一部負担金をお支払いください。
・外来 1日530円(月の初回から4日目までは受診日ごとに530円をお支払いください。530円に満たない場合はその額。同月5日目からは無料になります。)
・入院 1日1,200円(食事療養に係る標準負担額減額認定証をお持ちの方は、食事の一部負担金も助成します。)

受給者証を忘れて受診したとき・県外の医療機関にかかるとき

医療機関窓口に保険証どおりの2割又は3割をお支払いください。市民窓口課市民総合窓口または、栄・下田サービスセンターの各総合窓口グループで助成申請の手続きをしてください。
お持ちいただくものは、受給者証、保険証、領収書、印鑑、受給者名義の預金通帳です。

医師の指示により治療用装具を作ったとき

医療機関窓口で通常どおりお支払いいただいた後、まずは加入している保険者へ療養費の払い戻しの手続きを行ってください。その後、保険者から療養費支給決定通知書が届きましたら、市民窓口課市民総合窓口または、栄・下田サービスセンターの各総合窓口グループへ助成申請の手続きをしてください。
お持ちいただくものは、受給者証、保険証、領収書、印鑑、受給者名義の預金通帳、治療のために補装具を作ったことがわかる医師の証明書、保険者発行の療養費支給決定通知書です。

高額療養費の返還について

ひとり親家庭等の医療費助成制度は、医療費の自己負担額(本来あなたが支払うべき負担額)から一部負担金を差し引いた額を市があなたに代わって、医療機関に支払っています。
この支払額には、保険者からあなたに支払うべき高額療養費が含まれていることがあり、この分は後で保険者から市に返還していただくことになります。そのため、あなたに代わって、保険者に請求するための受領委任等の手続きをお願いすることがあります。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 教育委員会事務局 子育て支援課 子育て支援係
住所 : 〒959-1192 新潟県三条市新堀1311
電話 : 0256-45-1113 (直通)
Fax : 0256-45-1130
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。