• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 福祉保健部 > 健康づくり課 > 風しん

風しん

最終更新日:2016年4月1日

風しんとは

 風しんウイルスによる感染症で、咳やくしゃみなどの飛まつで感染します。
 感染から2〜3週間の潜伏期間の後、発しん、発熱、リンパ節の腫れなどが出現します。通常は自然に治りますが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病、関節痛などになる人もいます。発しんも熱も約3日間で治ることから「三日はしか」とも呼ばれています。
 症状が出る前後の約1週間は、周りの人にうつす可能性があります。

<特に注意が必要な方>
○妊婦
 風しんに対する免疫のない女性が、妊娠初期に感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などを主症状とする先天性風しん症候群の子どもが産まれる可能性があります。
○妊婦の同居家族
 妊婦への感染を防ぐために、同居家族も注意が必要です。特に30〜40歳代の男性は、抗体価が低いので感染する可能性が高く注意が必要です。

予防するには

1 咳エチケットを心がけましょう。
 ・咳やくしゃみを他の人に向けてしないようにしましょう。
 ・咳が出る時はできるだけマスクをしましょう。
 ・手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。


2 外出後の手洗いやうがいを十分行いましょう。

3 風しんにかからないためには、ワクチン接種が有効です。
 ただし、風しんワクチンは、妊婦に接種することはできません。接種後2か月は妊娠を避ける必要があります。
(1)定期予防接種対象者(1歳の方、小学校就学前1年間の方)は確実に予防接種を受けましょう。
(2)次の[ア]〜[エ]のいずれかに該当する方のうち、明らかに風しんにかかったことがある、予防接種を受けたことがある又は抗体価が十分であると確認できた方以外は、最寄りの医療機関に相談の上、任意で予防接種(費用は自己負担)を受けることを検討しましょう。
      [ア] 妊婦の夫、子どもその他の同居家族
      [イ] 10代後半から40代の女性
         (特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方。予防接種を希望される方は、妊娠の2か月前には接種を終了しなくてはいけません。)
      [ウ] 産褥早期の女性(出産後間もない女性)
      [エ] 30歳〜40歳代の男性

三条市では風しん予防接種費用の一部助成を行っています。
対象者、助成申請方法、申請期限など、詳しいことはこちらをご覧ください。

 → 風しん予防接種費用の一部助成について

先天性風しん症候群とは

 妊娠した女性(特に妊娠20週頃まで)が風しんにかかると、風しんウイルスが胎児に感染して、赤ちゃんの耳が聞こえにくくなる、心臓に奇形が生じる、目が見えにくくなるなどの障がいを持った子どもが産まれる可能性があります。これらの障がいを先天性風しん症候群と言います。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 福祉保健部 健康づくり課 健診係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5443 (直通)
Fax : 0256-34-5572
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。