• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 福祉保健部 > 健康づくり課 > 田の草取り&じゃがいも収穫体験

田の草取り&じゃがいも収穫体験

最終更新日:2017年1月24日

 三条まんま塾では、毎年、農業体験を実施しています。地域の農業についてみんなで考え、人々が元気で地域農業が豊かな、いきいきとしたまち三条を目指します。

平成25年度 田の草取り&じゃがいも収穫体験 6月15日 開催 親子連れなど約60人が参加

 有機農業の良さと苦労を少しでも知ってもらいたいと、栄然酒会さんが中心となり開催した田の草取り、今年はとくに子どもたちの参加が多く、大変盛り上がりました。
 初夏を感じるさわやかな気候の中、午前9時30分に田の草取り開始、裸足でどんどんと田んぼを進む子どもたちにつられ、大人も続きます。「感触は?」と尋ねると、「ぷにぷにして気持ちいい!」と、とても楽しそうです。どろまみれになる子が続出!

 続いては、おいしい新じゃがの収穫です。今年は雨が少なかったため、少し小ぶりかと心配されましたが、立派なじゃがいもがたくさん掘れ、よいおみやげができました。

 作業の後はみんなで昼食です。地場食材たっぷりのとん汁と、有機栽培米コシヒカリのおにぎり、この日収穫した新じゃがのコロッケが並びました。3名の食生活改善推進委員さんが協力してくれました。昼食会場も大変にぎわい、おいしく楽しく充実した体験となりました。
 
  

平成25年度 6月16日 田の草取り&じゃがいも収穫体験の様子

栄然酒会と三条まんま塾が協力し、田んぼの草取りとじゃがいもの収穫を組み合わせた、農業体験イベントを開催しました。

当日の様子

  毎年好例の収穫体験、今年は栄然酒会のみなさんと一緒に、新じゃがの収穫を実施しました。まずは草取りを栄地区の山嵜さんの田んぼで実施、有機米を使った日本酒「越のしらさぎ」の原料となる米の田んぼです。大人も子どもも泥だらけになりながら、楽しそうに草取りをしていました。終了後の田んぼを見た山嵜さんは「田んぼがキレイになって驚いた、人の力はすごい!」と感激。
 続いては、栄然酒会 阿部さんの畑に移動し新じゃがの収穫。つるを引っ張ると5〜6個のじゃがいもがついていて驚く子どもたち。大きないもから、ほんの一口サイズのいもまであり、親子で会話を弾ませながら嬉しそうに収穫していました。
 「掘ったじゃがいも、どんな料理で食べたい?」と聞くと、「じゃがバター」「ポテトチップス」などの答え。
 最後は昼食です。栄地区食生活改善推進委員さんが作ってくれたおにぎり、とん汁などを、地元食材たっぷりの料理をみんなでいただきました。

平成24年度 6月〜8月 ぶどうの栽培体験の様子

第3回 8月26日

 いよいよ最終回、収穫の日です。多くの参加者が集合時間の朝6時前から、元気よく集まってくれました。ぶどう畑に到着すると、すっかり紫色に姿を変えた巨峰がたくさんぶら下がっていて、「きれいだね」や「おいしそうだね」と話す声がたくさん聞こえました。
 7月に袋かけをした自分のぶどうを探し、はさみでチョキンと切っていきます。畑のオーナー星野さんからは、「ぶどうの下に手を添えて切ってください」と指示がありました。「採れた!」「重たい!」と笑顔を見せる参加者もたくさんいました。

 その後、参加者のみなさんには、花を植える作業を手伝ってもらいました。絵を描いてくれた保育所に、花をプレゼントしました。

 続いて代官島公民館に移動し、朝食です。提供してくれたのは、第1回と同じく、レストランひめさゆりです。そして、今回は朝カフェというイベントで大人気のグリーンスムージーを、地産地消推進店のVege Table(本町)の白鳥賢さんが実演しながら提供してくれました。三条産の巨峰、桃、小松菜も入ったフレッシュでさわやかなドリンクです。「飲みやすい」「さっぱりしていておいしい」と好評でした。

 大島選果場に移動し、まずは「ぶどうの食べ比べ」です。安芸クイーン、ゴルビーなど、めずらしい品種も含め、8種類ものぶどうを味わいました。選果場の見学をして、市役所に戻り解散となりました。
 
参加者のアンケートから
「朝どりのよさが理解できた」「自分のぶどうが育つ楽しみがありよかった」「もっと色々な農家の方の話を聴いてみたい」「もっと農業を裏側をみてみたい」などの感想がありました。

第2回 7月22日

 第一回に引き続き、早朝6時に市役所第二庁舎に集合した38名は、市のマイクロバスに乗り込み、代官島の星野正行さんのぶどうハウスへ向かいました。若干の雨でしたが、ハウスなので心配ありません。中に入った参加者は、袋に名前を書き、前回ラベルを貼った自分のぶどうを探し、袋をかぶせていきました。先月は緑色で小さな粒でしたが、1か月でしっかりとした粒になり、巨峰らしい紫色に色づき始めました。参加者からは、「1か月でこんなに巨峰らしくなって驚いた」「ますます収穫が楽しみになってきた」などの声が聞かれました。また、「ハウス内にはどのくらい房があるのですか?」の質問に「ここだけで8,000房くらいかな」と星野さんは答えました。「全部手作業でとても大変、ぶどう1房にも手間がかかっていることを知りました」と、感心している参加者もいました。

 続いて、今が旬の枝豆を収穫しようと、本成寺地区の飯塚英晃さんの畑へ。この日収穫したのはグリーン80という品種で、種を播いてから80日で収穫できる品種です。枝豆らしい香りが強いのが特徴です。飯塚さんから「実入りが7〜8割くらいで収穫すると、甘味は少ないが香りがよい状態で出荷できます。東京のレストランなどにも使ってもらっているが、香りがよいものの方が好まれています。」「新鮮さは最強のブランドです。ぜひ、採れたてを味わっていただきたい。」とお話していただきました。
 参加者には、飯塚さんが早朝に収穫した枝豆を、朝食と一緒に試食してもらいました。

 作業を終了し、朝食です。今回は、三条まんま塾企業会員のエイ・アンド・アイさんの駐車場を借りて朝食をいただきました。お弁当を提供してくれたのは、地産地消推進店のMameyaさん(興野2りとるたうん内)です。サバの塩麹焼き、野菜カレー(三条産のナス、ズッキーニ)、車麩の揚げ煮、卵焼き、きゅうりの浅漬け、ごはん(下田産の米)という、地産地消メニューでした。参加者からは「作業をしたのでお腹が空いて、いつもよりたくさん食べられた。」「地元の食材が色々入っていて嬉しい。」などの声が聞かれました。市役所に戻り、10時頃解散しました。

第1回 6月10日

 友人同士や家族連れで参加してくださった36名は、早朝6時に市役所をバスで出発し、県内でも果樹産地として有名は大島地区のぶどう畑に向かいました。会場は、代官島の果樹農家、星野正行さんのぶどうハウスです。ぶどうの品種は「巨峰」で、この時期はまだ緑色をしています。多いものだと1房に60くらい粒がついていますが、一粒ずつが大きくなれるように、小さい粒や傷のある粒を取り除き、28〜32粒にします。1人2房、自分のぶどうを決め、ラベルを貼って作業を行いました。参加者からは、「こんな風にぶどうがなっているのを初めて知った」「収穫する日が楽しみ」などの声が聞かれました。

 続いて7時30分頃、栗林地区のキャベツ畑に到着、伊部利一さんの畑でキャベツの収穫を体験しました。伊部さんに作業の仕方を教えていただき、1人2玉、大きなキャベツを収穫しました。また、採れたてのキャベツを少しずつ試食させてもらった参加者は、「芯のところがこんなに甘くておどろいた」「採れたてはそのままで本当においしい」など、感動している様子でした。収穫したキャベツはそのままお土産になりました。
 三条はキャベツの出荷量が県内第2位で、身近なスーパーや直売所にも、三条産のキャベツが並んでいます。みなさんも、ぜひたくさん食べてください。

 作業のあとは、みんなで朝食です。中央公民館上林分館へ移動し、地元の食材を使った五目ごはん、ネギ入り玉子焼き、具だくさん汁などを味わいました。今回朝食を提供してくださったのは、地産地消推進店のレストランひめさゆりです。「卵焼きがとてもおいしい」「野菜がいっぱいのみそ汁は体によさそうで嬉しい」など、とても好評でした。市役所に戻り、10時頃解散しました。
 
 

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 福祉保健部 健康づくり課 食育推進室
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5448 (直通)
Fax : 0256-34-5572
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。