• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 福祉保健部 > 健康づくり課 > つつが虫病とは

つつが虫病とは

最終更新日:2017年7月19日

 つつが虫病は、病原体オリエンチア・ツツガムシを保有したダニの幼虫に刺されて起こる病気です。

 県内においては4月下旬から7月、11月に多く発生しています。かつては、夏に信濃川などの河川敷で発生すると思われていましたが、新型ツツガムシの発生により、ほぼ1年中、河川周辺に限らず広く山野で発生するなど、発生傾向が変化しているので注意が必要です。
 なお、つつが虫病は人から人への感染はありません。

症状

・刺された局所に特有のかい瘍(刺口)を生じる

・リンパ節の腫れ(特に刺口局部近くのものが多い)

・少なくとも1週間、通常2〜3週間高熱が続く

・皮膚の発疹

 

などが見られます。

 

 なお、つつが虫に刺されてから発病するまでの潜伏期間は、1〜2週間です。そのため、山林や草地に入ってから1週間くらいで高熱が出てくるなど、上記の症状があったら直ちに医師の診察を受けましょう。

 

予防するには

 農作業、山菜採りなどで山林や草地に入るときはつつが虫に刺されないように次のことに注意しましょう。

 

・長袖、長ズボン、長靴を着用し、肌をできるだけ出さないようにしましょう。

・衣服を草むらに置いたり、草むらで休息や用便をしない。

・野外に出るときは防虫スプレー等を使用しましょう。
・山野での作業後は必ず入浴し、吸血前・吸血中のツツガムシを皮膚から洗い流す。(ツツガムシは体長0.2〜0.3mmで、肉眼ではほとんど見えません。)

つつが虫病届出状況

H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
新潟県 8 16 13 18 27 25 12 6 6 3 8
全国 382 442 465 407 462 436 344 320 422 505 84





※新潟県:平成29年6月18日現在/全国:平成29年6月11日現在

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。