• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

12月

December


しただ郷うきうきフェスタ

しただ郷うきうきフェスタ

しただの秋・冬の魅力を堪能できるイベントが盛りだくさん♪


八木ヶ鼻温泉いい湯らてい

八木ヶ鼻温泉いい湯らてい

幻想的なイルミネーションがお出迎え♪


道の駅 庭園の郷 保内

道の駅 庭園の郷 保内

クリスマスに染まる、庭園の郷 保内♪ 楽しいイベントが盛りだくさん!

ホーム > 各課一覧 > 市民部 > 環境課 > 鳥獣に関すること

鳥獣に関すること

最終更新日:2017年4月12日

新潟県内における鳥インフルエンザの発生状況

阿賀野市において、11月27日に回収されたコハクチョウ1羽の死亡個体で、確定検査を実施したところ、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されました。

野生の鳥が死亡する原因は様々です。餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。
鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。

新潟県内の鳥インフルエンザの発生状況(新潟県ホームページへのリンク)

死亡している野鳥を発見したら

◯死亡している野鳥を発見した場合は次の連絡先に御連絡下さい。特にインフルエンザに感染しやすい猛禽類、ハクチョウなどの水鳥や多数の鳥が死んでいる場合などは感染が疑われ、検査する必要がありますので、至急、御連絡ください。

 【死亡野鳥発見時の連絡先】
  新潟県三条地域振興局健康福祉環境部環境課 36-2234
  三条市役所市民部環境課 34-5558(夜間休日は34-5511) 

 【御報告いただきたい内容】
  ・死亡野鳥の種類、数
  ・発見場所(分かれば住所)
  ・発見時の状況など

◯死亡した野鳥など野生動物は、細菌や寄生虫が付着している場合がありますので、素手で触らないでください。

◯万が一、野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしてください。

◯野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、付着している細菌や寄生虫が他の地域へ運ばれるおそれがあります。野鳥に近づきすぎないようにし、靴で糞を踏まないよう十分注意してください。

◯不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

傷病野生鳥獣への対応

 傷病野生鳥獣への対応について、平成28年11月、本県における高病原性鳥インフルエンザの疑い事例の発生を受け、野生傷病鳥獣保護収容事業協力動物病院での傷病鳥獣の受入れを中止しておりましたが、平成29年3月、新潟県より受入れ再開の連絡ありました。

 傷病鳥獣を保護する場合は、人間もケガをしないように気をつけてダンボール箱などに移し、最寄りの野生傷病鳥獣保護収容事業協力動物病院または愛鳥センターへ運んでください。


詳細はこちらをご覧ください。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 環境課 環境衛生係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5558 (直通)
Fax : 0256-32-6615
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。