• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


三条マルシェって、おいしいものや楽しいものが、なんでもある「にぎわい市場」

〜三条マルシェ〜ごった市@ホコテン

三条マルシェって、おいしいものや楽しいものが、なんでもある「にぎわい市場」


道の駅 漢学の里しただ

道の駅 漢学の里しただ

農家レストラン・農産物直売所があり、しただ郷の美味しいものが揃います。


「燕三条 工場の祭典」とは、燕三条地域の名だたる工場が、開催期間中、一斉に工場を開放し、訪れた方々に工場でのものづくりを体感していただくイベントです。

燕三条 工場の祭典

「燕三条 工場の祭典」とは、燕三条地域の名だたる工場が、開催期間中、一斉に工場を開放し、訪れた方々に工場でのものづくりを体感していただくイベントです。

ホーム > 三条市石川雲蝶生誕200周年記念事業

三条市石川雲蝶生誕200周年記念事業

最終更新日:2014年6月17日

幕末から明治にかけ、三条市を拠点として県内に多くの作品を残した彫物の名工「石川雲蝶」が今年生誕200周年を迎えます。
これを記念し、雲蝶が終焉の地として選んだ「ものづくりのまち三条」において生誕200周年記念事業が実施されます。


事業の目的

石川雲蝶の魅力を掘り下げるとともに、雲蝶が終焉の地として選んだ「ものづくりのまち三条」の魅力を発信していくことで地域活性化に貢献し、生誕の地である豊島区と代表作を遺した魚沼市との交流を図り、将来に向けた観光文化振興に寄与し、交流人口の拡大を図ります。

事業内容

豊島区交流講座

石川雲蝶の生誕地である豊島区で石川雲蝶の人物像や作品の魅力、観光情報等を伝える交流講座を開催します!

・第1回 4月26日(土)  講師:奥只見郷ネイチャーガイド
・第2回 5月17日(土)  講師:三条雲蝶会
・第3回 6月 7日(土)  講師:栃尾観光ボランティアガイドクラブ
・第4回 6月29日(日)〜30日(月)
                                        1泊2日の交流ツアー
                (豊島区→魚沼市→長岡市栃尾→三条市→豊島区)

詳しくはこちら(としま未来文化財団のHP)

< 関連 >
豊島区雑司が谷案内処の2F展示ギャラリーで企画展 『石川雲蝶パネル作品展』が開催中です

石川雲蝶生誕200周年祭

多数の皆様より、ご来場いただき誠に有難うございました。

く、る、ぶ、じる。雲蝶をめよう。

・開催日   : 6月14日(土)
・場 所   : 燕三条地場産業振興センター・リサーチコア7F マルチメディアホール

<申込方法>
 下記の申込書(チラシ裏)に、氏名・連絡先・周年祭の参加不参加・交流会の参加・不参加をご記入のうえ、
  FAXまたはメールでお申込みください。電話での受付もしております。
   FAX : 0256-36-5111 TEL : 0256-34-5511 E-mail : 
eigyo@city.sanjo.niigata.jp 
       ※ 申込先着180名。定員になり次第締め切らせていただきます。

石川雲蝶生誕200周年祭(チラシ表)         申込書(チラシ裏)
石川雲蝶生誕200周年祭チラシ 申込書(チラシ裏)


時間 プログラム
12:15〜  受付
12:30〜13:00
 
 ジャズ演奏 SU jazz band
 演奏曲目:「村の鍛冶屋」の主題による鍛治町五重奏曲、他
13:00〜13:10
 
 開会あいさつ   三条市石川雲蝶生誕200周年記念事業実行委員会委員長
 来賓あいさつ  三条市長
13:10〜14:25
 
 
 
 基調講演
  ・NHK‐TV番組 きらっと新潟「越後のミケランジェロ〜石川雲蝶の世界〜」
   (2009.12.18放映)上映(30分)
  ・「魂の彫刻家 石川雲蝶」 (45分)
   講師:三田村 有純氏 (漆芸家、東京藝術大学美術学部教授)
 
14:25〜14:40
 
 休憩 DVD「越後の名匠 石川雲蝶」上映(制作 三条雲蝶会) 
14:40〜15:25
 
 
 
 作品解説
 「石川雲蝶の代表作品」
  解説:木原 尚氏 (写真家、「越後の名匠 石川雲蝶」(新潟日報事業社)著者)
 
15:25〜15:30  新舞踊「雲蝶さん」披露 (三条雲蝶会有志)
15:30〜15:40  休憩
 
15:40〜16:40
 
 パネルディスカッション「雲蝶とどう向き合うか」
 【パネリスト】
  中島すい子氏 (南魚沼地域観光ガイド、南魚沼市在住)
  大嶽あおき氏 (漫画家、三条雲蝶会、川越市在住)
  馬場 章介氏 (三条雲蝶会、三条市在住)
 【コメンテーター】
  三田村有純氏、木原 尚氏
 【コーディネーター】
  江畑 徹氏 (三条雲蝶会、新潟市在住)
 
16:40〜16:45 閉会あいさつ 三条市石川雲蝶生誕200周年記念事業実行委員会副委員長

総合進行 田巻直子氏(BSN新潟放送アナウンサー)

雲蝶の惚れた三条〜まちなか道具工房めぐり(まちあるき)

石川雲蝶と三条のつながりと言えば、道具と酒と言われています。
石川雲蝶ゆかりの三条で通常非公開の作品や貴重な資料を見学し、作品づくりに欠かせないノミ・カンナ等の道具造りの現場もめぐります。


・日時 : 6月28日(土)13時〜16時30分
・コース: 三条市歴史民俗産業資料館、道具工房、三条鍛冶道場など

お申込みはこちら
まちあるきHP

関連事業

・石川雲蝶秀作展                   5月23日(金) 〜 6月9日(月)     (主催:法華宗総本山本成寺)
・「石川雲蝶と三条のものづくり展」の開催    6月10日(火) 〜 7月27日(金)   (主催:三条市歴史民俗産業資料館
・ツアー「まるごと石川雲蝶と雪国A級グルメ」                          (主催:魚沼市観光協会
・「石川雲蝶生誕200周年記念シンポジウム」  6月29日 魚沼市開催
                               (主催:石川雲蝶生誕200周年事業実行委員会(魚沼市))
・「燕三条wing」における石川雲蝶パネルリレー展
                              (主催:石川雲蝶生誕200周年事業実行委員会(魚沼市))
                              (共催:三条市石川雲蝶生誕200周年記念事業実行委員会)

石川雲蝶お立ち寄りマップ

記念カクテルやメニュー、その他割引サービスを提供している飲食店などを掲載しております。

雲蝶作品を鑑賞した後は、「雲蝶お立ち寄りマップ」を片手に市内を探訪してみてはいかかでしょう。
この、生誕200年という貴重な節目の年に雲蝶に想いを馳せてみませんか。

サービスの提供期間は、生誕年である2014年末までです。

石川雲蝶お立ち寄りマップ石川雲蝶お立ち寄りマップ
※ 画像をクリックすると拡大されます。

マップは、本成寺や石動神社、公共施設等に置いてあります。

カクテル「雲蝶」

 繊細かつ力強い作品を数多く残す幕末の彫物師、石川雲蝶。
生誕200周年という記念すべき年に雲蝶が愛したであろう三条の地酒を使った、
カクテル。市内を中心とした協力店舗で、味わえます。(お立ち寄りマップ掲載店)
 木目や木の性質を存分に生かした雲蝶作品の『木』のイメージから森の蒸留所で
名高いサントリーの白州と三条の地酒、福顔酒造の五十嵐川を使用し、
ストイックに仕事をする雲蝶のイメージを表現しました。

事業実施主体

三条市石川雲蝶生誕200周年記念事業実行委員会
 〇事務局
  三条市経済部営業戦略室観光係
   TEL: 0256-34-5511 (内線482)

石川雲蝶

石川雲蝶は本名を石川安兵衛と言い、1814年(文化11年)江戸の雑司ヶ谷(現在の東京都豊島区)で生まれました。
若くして技に優れていた雲蝶は、仏壇などを彫りながら二十歳半ばで江戸彫石川流の技術を習得したといいます。そんな折、法華宗総本山本成寺の世話役であった三条の金物商人・内山又蔵が江戸へ商売に行った際、雲蝶の作品に出会い、その腕前に惚れ「本成寺の彫刻を彫って欲しい」と雲蝶を三条へ連れてきました。江戸で仕事をしていた雲蝶も、金物のまち三条の優れた道具を気に入ったのではないでしょうか。雲蝶はその後、三条の酒井家に婿入りし、本成寺の彫刻を始め新潟県内の魚沼市や長岡市などに様々な作品を残しました。


石川雲蝶作品
 

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 経済部 営業戦略室 観光係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5605 (直通)
Fax : 0256-36-5111
e-mail : 

三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.