• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

7月

July


栄ふるさと夏まつり

栄ふるさと夏まつり

大花火大会をはじめ、よさこいソーラン、模擬店など一体感のあるイベントが行われます。


道の駅 漢学の里しただ

道の駅 漢学の里しただ

農家レストラン・農産物直売所があり、しただ郷の美味しいものが揃います。

8月

August


第12回三条夏まつり

第12回三条夏まつり

全3日間行われ、楽しいイベントが盛りだくさん。皆さんで最高の夏の思いでを作りませんか。

ホーム > 観光・交流 > 国道289号八十里越

国道289号八十里越

最終更新日:2013年5月23日

(国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所「八十里越を翔る」パンフレットより)

 国道289号は、昭和45年に国道として認定された新潟県新潟市を起点として福島県いわき市に至る総延長約302kmの道路です。
 このうち新潟県三条市(旧下田村)から福島県只見町に至る県境部分が「八十里越」であり、実際の距離は八里しかないのですが、あまりの険しさゆえ一里が十里にも感じられたことから古来「八十里越」と呼ばれています。
 また、「八十里越」は、司馬遼太郎の小説「峠」の舞台となったことでも知られる歴史の道です。
 しかし、現在でも県境部分19.1kmは一般車両が通行出来ない「通行不能区間」となっています。国土交通省・福島県・新潟県では「通行不能区間」解消を目標に289号改築事業を共同で進めています。
 この地域は日本でも有数の豪雪地帯のため、半年間しか工事出来ませんが、着実に事業は進められています。

八十里越県境付近

八十里越の歴史

語り継がれた歴史の面影をいまに伝える八十里越

国道289号から望む八十里越

国道289号から望む八十里越

 「八十里越」の由来は諸説あります。「壬寅随筆」や「嵐渓史」には、困難な山道なので、一里を十里にあてて八十里越と呼んだとあります。 越後山脈と帝釈山脈の急峻な峰々に囲まれた南会津地域にとって、「八十里越」は越後に通じる重要な道路であり、文献によると、戦国時代に越後・岩代両国間の交流が確認されています。 この八十里越を利用して、南会津地域では、食塩・魚類・鉄製品などの生活用品を越後から移入し、また、ここから繊維原料、林産物、労働力などを越後へ送り出していました。 このように、中越地方と南会津地方は深い依存関係で結ばれ、経済的・人的交流は明治末期まで続きました。

自動車交通時代に取り残された八十里越

 大正3年に岩越線(現磐越西線)が全通し、物資や商品の輸送が八十里越から鉄道へと移行し、八十里越は衰退しました。
 今日に至るまで八十里越の整備は遅々として進まず、現在では通行も不可能な「けもの道」の様相を呈するまでに荒廃してしまいました。

八十里こしぬけ武士の越す峠

河井継之助

河井継之助

 慶応4年5月2日、北陸道を進んだ新政府軍軍監岩村精一郎と長岡藩軍事総督河井継之助らが行った「小千谷会談」の決裂によって奥羽越列藩同盟が生まれ、越後は全面戦争へと発展した。
 7月25日、北陸戦線のなかでもっとも激しかったと伝えられる奇襲によって長岡城を奪還したが、29日に新政府軍の反撃に支えきれず落城した。長岡城奪還戦の際、敵弾で足をくだいた河井継之助は、担送されて、見附、文納、葎谷を経て8月3日、吉ケ平に入った。翌4日、八十里越に向かい、山中で一泊、6日に只見に着くが、会津側では大三尾の上部に短路を開いて協力した。
 いまでもその部分は「河井新道」と呼び伝えられ、かすかに痕跡をとどめている。
 八十里越を世に知らしめた戊辰戦争を語るとき、多くの人々は河井継之助のいたましさを思う。2度と帰ることのない八十里越は死の道であった。「八十里こしぬけ武士の越す峠」の狂句には、越後の山々を、空を、凝視しながら悔悟の自嘲をかいまみることができる。
(出典:「八十里越(国道289号)-記録が語る歴史の道-」)

事業の歩み

地域を結ぶ国道289号として

 日本列島を縦横に結ぶ道路網の建設が叫ばれはじめ、太平洋と日本海を結ぶ幹線ルートのひとつとして、この峠道が見つめ直され、昭和44年11月に閣議決定、昭和45年4月1日に新潟市を起点として、いわき市に至る全長250.5km(現在の総延長306.8km:2010道路統計年報)の本州を横断する一般国道289号に昇格しました。八十里越の計画区間は、昭和61年度に直轄権限代行で事業実施に着手しました。

豊かな自然に囲まれた新しいルート

 八十里越の計画区間は、五十嵐川・叶津川をはさむ越後山脈のほぼ中央に位置しており、南に守門岳、浅草岳、鳥帽子岳、北に粟ケ岳、中の又山など標高1,000〜1,500m級の山々があります。また、計画区間は、越後三山只見国定公園、奥早出・粟・守門県立自然公園内を通過しており、豊かな自然環境に位置しています。

事業の効果

 本地域は、日本でも有数の豪雪地帯です。289号の開通により一年を通じて信頼性・安全性の高い通行が確保されます。
 今までより、距離、時間が大幅に短縮されます。このことにより、輸送コストの削減による市場の拡大など、経済活動の活性化と輸送力の向上に寄与します。

地域間の交流・連携を支援します。

 新潟県央地域と福島県南会津地域を直接結ぶことにより、新たな広域的地域間の交流や連携に寄与します。

八十里越事業の供用で、多彩な観光ルートの創出

 国道289号沿いの市町村は、美しい自然環境と独自の歴史・文化・産業を持っています。福島・新潟・佐渡を含めた、これら観光資源が連なることで、周遊型・滞在型の観光が楽しめます。

緊急車両の搬送時間が大幅に短縮されます

 只見町には、現在総合病院はなく、緊急医療の搬送先として、南会津町の県立南会津病院に搬送されることになります。しかし、呼吸器系、脳外科などの高度医療となると会津若松市の総合会津中央病院に搬送されることになります。所要時間は、南会津町まで47分、会津和若松市まで78分を要しており、高度医療機関への所要時間の短縮が求められています。
 八十里越が開通すると、高度医療が受けられる三条市の済生会病院へ南会津町と同程度の1時間以内で搬送することが可能となり、救命救急体制の向上に寄与します。

工事の状況

新八十里越の最も標高の高い場所は634m、現八十里越は952mです。


八十里越工事の状況

環境に配慮しながら工事を進めています

 八十里越は、豊かな自然に恵まれた地域を通過するため、道路建設にあたっては、自然環境への影響を把握し、必要に応じて適切な保全対策を講じる必要があります。
 このため、平成9年4月21日に「八十里越道路環境検討委員会」設立し、学識経験者の指導・助言を得ながら、慎重に調査・工事を進めています。

秘境八十里越体感バス

〜 感じよう、あふれる自然・歴史ロマン・未来へつなぐ土木技術 〜

 一度途絶えた会津と越後の道が時を超えて再び結ばれる「国道289号八十里越」の工事見学を通じ、事業の効果・必要性を感じてもらうとともに秘境八十里越の最大の魅力である「あふれる自然」や「河井継之助にまつわる歴史ロマン」を実際に体感してもらい、心満たされる豊かなひと時を過ごしてもらうため、「秘境八十里越体感バス」を運行します。

詳しくはこちら 秘境八十里越体感バス

八十里越道路暫定的活用検討懇談会について

設立

八十里越道路暫定的活用検討懇談会

八十里越道路暫定的活用検討懇談会

◆設立年月日

 平成24年6月26日設立

 

◆設立趣旨

 国道289号は、新潟県新潟市を起点として、福島県いわき市に至る幹線道路であり、新潟・福島両県はもとより東北及び北陸地方の産業、経済、文化、観光の新たな交流を促進させるべき地域連携軸として極めて重要な役割を担う路線です。しかしながら、新潟・福島両県境にある「八十里越」については未だ交通不能となっており、その役割が十分果たされておらず、一日も早い全線開通が望まれている。
そんな中、平成22年秋には、県境トンネル(第9号トンネル)が貫通され、工事用道路(現道)を利用し、現在、条件付きではあるが、車両にて両県へ行き来できるようになっている。
 そこで、只見町・三条市の行政及び関係する商工会、観光協会などと国及び福島・新潟両県からなる八十里越道路の暫定的活用検討懇談会を設立し、工事の進捗状況を見据えながら、新八十里越道路を暫定的に活用した只見地域と三条地域の物産販売や観光面での地域間交流などについて検討する。

交流の様子

・平成22年11月7日   第9号トンネル(県境トンネル)貫通イベント

・平成24年7月26日   八十里越道路県境(新潟〜福島)初越え子供交流イベント

・平成24年8月4〜5日  R289号フルコース踏破

・平成24年10月16日   県境車両初越え記念イベント

八十里越道路県境初越え子供交流イベント

八十里越道路県境初越え子供交流イベント

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 経済部 営業戦略室 観光係
住所 : 〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5605 (直通)
Fax : 0256-36-5111
e-mail : 

三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.